協会けんぽ 医療費が高額になりそうなとき

高額療養費の自己負担限度額って変更になるんですね。
協会けんぽに入ってないので全く知りませんでした。
そういえば、社労士会の研修会でも聞かなかったなぁ・・・。

受験生はその点、完璧でしょうね。
井出先生もいつもおっしゃいます。
「一番優秀で良く知っているのは受験生」と。
8月に試験を受けてから合格発表までの間にも、どんどん知識は抜けていきます。

使っていないと忘れるのが"脳"
こういう機能があるから、可愛いペットの死も、辛い過去も乗り越えて生きていけるのです。
これが人間に備わった一番のメリットではないでしょうか。

でも、勉強しているものにとっては、それは困る機能になってしまうのですが
こればかりはどうしようもなく、忘れてはまた覚えることの繰り返しになるのです。

私にとっての高額療養費のところは、どうしても入って来ないところでした。
高額合算介護・・・ん???・・・ちがう、高額介護合算療養費でしたね
これもとっても苦手でした。

高額療養費で覚えているのは80,100円と150,000円くらいです
多数回該当や、70歳以上などになると・・・

毎年、直前に丸暗記で、試験が終わると同時に忘れてましたから身に付いていません。
それがこの1月からもっといろんな金額に増えるのですね。
合格しておいて良かったなぁ・・・。

慌てて、テキストを買いに行きました。
ことしも"うかるぞ社労士"です
辟。鬘契convert_20141128221201
コメント
今晩は。高額療養費のお知らせ見て目がテンに(TT)
細かい~。覚えれないよ~。
また持ち歩く資料が増えそうです。

受験勉強から離れてから、忘れたらアカンと思って、メール配信される問題はそのまま受信してます。が、、、???と一瞬思う事の多い事(*_*)私もテキスト買います(^_^)

お互いに頑張って行きましょう!!
2014/11/28(Fri) 22:54 | URL | かん | 【編集
かんさんへ
高額療養費の計算も受験生時代私は出来なかった。
どうもトラウマかも・・・。

困るよね・・・でも私たちは答える時に表を見れるのでラッキーです。
受験生さんは大変だ~

いよいよ来週。
楽しんできてね!
2014/11/29(Sat) 21:55 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック