月刊社労士
いつも表紙の写真を楽しみにしています。
CIMG5235_convert_20150124232152.jpg

今回の目玉は第8次社労士法改正です。
こちらは通った時に、支部会の方からも連絡がありましたし、
最近では税理士の会報紙(本の名前は覚えてません)にも、その内容が載っていました。

月刊社労士は以前にも書きましたが、お気に入りです。
有資格者の方で登録をしてなくても、購読するなどされると良いかと思います。
いろんな情報満載です。

受験生の間は法改正はしっかりと教えてもらえますが
合格したら誰も教えてくれません。
自分で情報を取りにいかないといけないのです。

お客さんのほうが先に知っていたなんて恥ずかしいことですし
自分の持っている知識のリニューアルも必要です。

そういった時に、この月刊誌はためになります。

例えば27年度は労災保険料率が下がります。
建設業の労務費率の暫定措置は廃止となり、税抜きで請負金額を計算することになり、それに伴い、労務費率が上がります。

先輩方の活躍や、都道府県会での動向なども興味深く読んでいます。

それと、こちらは今日買った雑誌です。
CIMG5231_convert_20150124233527.jpg

CIMG5233_convert_20150125142637.jpg

社労士が読む本ではないのですが、全くの素人さん向きに詳しく載っています。
年金の受給のことから介護保険、相続のことまでとてもわかり易いです。

お値段は700円なので、とてもお得感。

自分の親のことを考えて購入しました。
アルツハイマーの父と見学に行った、サービス付き高齢者向き住宅のことも載っています。

社労士だからと、年金等だけ知っていてもいけない気がします。
税金のことなど簡単なことも、知っておくに越したことはありません。

誰もがみんな歳を取ります。
平等に歳を重ねていき、いつか来るお別れの時を考えることも必要です。

お客さんのためにはもちろん、自分のためや家族のためにも
苦手なことも知っていけたら良いな~って思いました。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック