昨日、社労士会の電子申請研修会がありました。

京都は、雇用保険の得喪などはこの10月から労働局に事務センターが出来、迅速な対応をいただいています。
離職票の発行も早いので、すごく助かっています。

電子申請研修は前々回に参加し、そこから電子申請を始めたのが始まりです。
前回は参加しなかったので、今回改善点などがあるかと参加してみましたが
今回は、ソフト会社のお話がメインでした。

(株)セルズ
(株)ケーオーシー
(株)エムケイシステム
それぞれのウリを各20分で説明いただきました。
確かに早く出来るので便利なようです。

4月からは、イーガブに入らなくても手続きが出来るとのことも聞きました。
ソフトを使っていないとダメなようです。
残念。。。。

事務所は税務ソフトを使っています。
税務ソフトと労務ソフトが一緒になったのがあれば、いいなって思います。
労務ソフトは時間短縮で電子申請が出来るので、魅力的ですが
一年に10万から20万ぐらいかかるので、コスト的には無理です。

開業したらどんなソフトが良いのか。
これはみなさん気になるところでしょう。

セキュリティの問題は一番大切ですが、
電子で処理をすることはとてもメリットがあると私は思います。

電子処理をしている社労士は7%ほどだそうで、驚きました。
良い面も悪い面もいろいろあるとは思いますが
変化を嫌がらずにやっていきたいと、思いますのでこれからもチャレンジしていきます。

良い情報等、ございましたら教えてくださいませ

偶然、大原時代の友達に会いました。
一緒に勉強し、同期の彼女ですが、バリバリ社労士として仕事をしている姿に憧れます。

お互い、もっと早くに資格を取っていれば良かったね・・・・と言い合いましたが
今でも決して遅くはなかったよね・・・とも思います。

勉強しようと思った時が、"その時"であり、決して遅くはないのです。
社労士を目指そうと思った気持ちを忘れずに、あと半年頑張ってくださいね~
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック