いよいよ始まります。
パートタイム労働法の改正。

事務所の顧問先さんでもパートさんの採用は多いので、対象とはなるのですが
あまり認識はないような気はします。
マイナンバー制のほうが関心はあるようです。

でも、トラブルが起きないようにと考えるのが社労士のお仕事です。

パートタイマーの差別的取り扱いの禁止
職務内容が正社員と同一、人材活用の仕組みが正社員と同一であれば、正社員との待遇等の差別は出来ません。

新規採用時の条件説明
パートタイム労働者を雇い入れたときは、実施する雇用管理の改善措置の内容について、説明しなければならなりません。

相談窓口の開設
労働条件通知書の記載内容に追加しなければなりません。

詳しいことはこちら
改正パートタイム労働法

受験生はしっかりと勉強しているんでしょうね。
合格すると、情報からどんどん遠ざかっていくような気がします。
いつまでも、同じ情報ではなかったりするので、知識のメンテは必要なんですけどね・・・。

浦島太郎にならないようにと、自分のためにもここに載せておかないと

3月もあと二日。
頑張っていきましょうねぇ~
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック