今日は初めての座学です。
とっても苦手です

第一章 産業カウンセラーの役割と活動
第二章 産業カウンセラーの倫理
第三章 傾聴の意義と技法

午前と午後とに分かれて二名の講師の方がお話されました。
正直昼からは眠かった・・・

理論を勉強することで、実習でやったことがつながるのですが
どうしても苦手です。

ここずっと休日も出勤していて、日曜日は勉強ってスタイルだったので正直疲れています。
仕事も忙しくて泣きそうですが、しんどい時が頑張りどき!と言い聞かせています。
去年はダラダラしていたので、このほうが緊張感があります。

そんな中で始めた産業カウンセラーの勉強ですが
正直今日まで、はっきりとわかりませんでした。

産業カウンセラーって何するの???

今日で少しわかった気がします。
企業の中で、ある社員がその役を担うのだと思っていましたが
そういう人は少ないようです。
ほとんどが外部委託。

産業カウンセラーで開業ってありなんですね
知らなかったな~~~

産業カウンセラーで食べていくってことは、そうそう簡単ではないけれど
年齢層が高いので、まだ私でもいけそうです。
ただ、コンサルタントと違って、カウンセラーっていうのは大変な仕事なんですね。
改めて感じました。

傾聴の大切さ、クライアントの気持ちにそうことの意義。
なんだかいろいろ知れば知るほど、重い資格だと思います。

だからこそ、頑張る意味があるのかもしれません。

頑張ろう・・・。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/04(Mon) 23:04 |  |  | 【編集
鍵コメさんへ
コメントありがとうございます。
でも「先生」はやめてくださいね!

またお会いできる日を楽しみにしています。

東京って近いのですが、やっぱり関西からは遠いイメージです。
2015/05/05(Tue) 17:01 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック