ちょうど二年前の10月30日に行った草津温泉。
鬼怒川の流れを目にし、自然の美しさに感動した日々でした。
その川が氾濫・・・。

露天風呂が崩落!とか大きな家が流れる姿をニュースで見て驚きました。
埼玉、栃木、茨木・・・お友達の住む街は大丈夫?

メールをするのもはばかれて、それでも気になり一晩過ぎました。
まだ行方不明の方がいらっしゃいますね・・・。
元気でどこかに避難されていると良いのですが・・・。

家を建てたばかりで、ローンも残っているのに家が無くなった・・・と話される避難者の方。
我が家もまだローンがあるので他人事ではありません。
天災の場合、誰が補償してくれるの?
         誰がお金を出してくれるの?
・・・・・そんなことを思います

社労士の勉強を始めて、ブログでお友達がたくさんできました。
そのおかげで日本中、たくさんの友人に支えていただいています。
でも実際に何も出来ない。。。

福島の時にも思いました。
友達が避難しているのに、何も出来ない自分が歯がゆくて・・・
言葉しか発信できない。
無力ですね。

命は何よりも尊いです。
でも、生きていくのに必要なものはあるのです。

それが無くなってしまったら・・・
必要な人が居なくなってしまったら・・・
家族同様の大切なペットと別れてしまったら・・・

そんなことを考えずにいられません・・・。
命が有っただけも、一からやり直せるのでしょうが
誰かの助けは必要です。

避難所の生活もテレビの向こうで見ている私たちには判りません。
どれほど辛いか・・・
どれほど不便か・・・

「不眠症になられた方もいらっしゃるようで」とニュースではおっしゃっていましたが
当たり前でしょ!と一人怒っておりました。
そんなことを経験して、グーグー寝れる人のほうが驚きです。

どうか、被害に遭われた方々がこれ以上の惨事に遭われませんようにと祈っております。
一日も早く元の生活に戻れますように
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/11(Fri) 21:44 |  |  | 【編集
9/11鍵コメさんへ
ほんとうに何事もなく良かったですね。

ご自宅もそちらだったんですか。
それはそれは心配でしたね・・・。
今日も一面水に浸かった住宅街を見ました。
なんとかならないものかと悲しくなります。

氾濫する前になんとか・・・。

首都圏は雪にも弱いですし、そうなったら・・・と思うと体が震えます。
被災された方々がどんなに今不安かと思うと辛いです。

自衛隊の方々もすごく頑張ってくださっていますね。
こんな立派な方々を戦争なんかに行かせてはいけません。
心からそう思います。

最後に、そんなに褒めていただいて光栄です。
ありがとうございます。
そんな立派な人間じゃないのですけど・・・e-441
2015/09/12(Sat) 21:30 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック