顧問先さんの相談でよくあるのが、「解雇したいけどどうしたら良い?」
とても簡単に考えられているのですが、今は解雇が簡単に出来ません。
それをわかってもらうのも一苦労・・・。

人を雇ったら、その人を育てる義務もあるわけで
教育もしないでいきなり解雇!となると、不当解雇だということで訴えられてしまいます。
そうしたら何が大変なのか・・・。

労働基準監督署に訴えられたり、労働局のあっせん要請があったりします。
そしてそれに行かないと、労働審判や最後には裁判と言うことになるわけで
そうしてもし、裁判で解雇無効となったとしたら・・・
その人を解雇した日からあとの賃金を払わないといけないし、慰謝料や付加金も付いてきます。

解雇が悪いわけじゃなく、不当解雇にならないために事業主さんにいろいろと提案するのですが
どうしてもすぐに辞めてほしくなるようですね・・・わからなくもないけれど・・・。

そして最後には弁護士さんが出てくるようです。
やっぱり、争いになってくると社労士では力不足だと思われるのか弁護士登場!

でもでも、今までの経験上
弁護士が出てきても結果は同じです。
そんなに簡単に解雇は出来ないし、裁判になることを考えれば
適当な金額で和解する方がずっと得だとなるわけです。

でもこれって社労士が言っても納得してもらえないけど
弁護士が言うとなるほど!って思われるようです。

特定社労士になったからと、紛争解決に乗り出すのではなく(必要性があればそれも可能です)
今ここで揉めたらあとでどうなるのかと言うのを勉強したので、そうならないようにと思うのですがなかなか難しいようです。

それが力関係ってモノなのでしょうね。

社労士が出来ること。
それを考えて、少しでも労使間が上手くいくと良いな~ってことを思います。
人間関係って難しいですね。。。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック