今期は支部研究会の回数が減ったので、昨日が一回目となりました。
今回は年金改正につき、先生方の発表があり、改めて気持ちが引き締まりました。

この前、井出先生の改正セミナーを受けたのに
すっかり忘れてました。

共済との一元化ですね。
一番のポイントは在老かもしれません。
昭和12年4月1日以前生まれは年金と給与との調整がなかったのですが
この10月からは平等に、超えた分は支給停止となります。

共済の在老の計算式も厚生年金とは違いますね。

共済の期間と厚生年金の期間を合算することになりましたが
合算されない場合もあることも、そういえば井出先生に教えてもらいました。
すっかり忘れてます。

でも一度は講義を受けているので、今回の説明もさくさく入ってきました。
来月も年金先生のセミナーがあるのでしっかり聞きに行ってきます。
何度も何度も聞くことで覚えられるかなぁ。。。。と

今回は真剣に年金をやってみようかと思いました。
労働関係に強くなることも良いとは思うのですが
全国民に関係するのは年金ですから、強くなるとその分"強み"になるような気もします。

でもやっぱり、今は産業カウンセラーかなぁ・・・。

同じ支部の若い先生ですが行政協力をメインにされています。
人と話すのが好きだとおっしゃっていました。
人というのはお客さんのことだそうで、窓口がとても楽しいのだそうです。

私は反対に知らない人と話すと、とてもしんどくなるので
それをクリアしたいです。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック