記事にしようかどうしようか悩んだのですが、やっぱり書こうか・・・と。
ひょっとしたら削除することになるかもしれません

実は、とある電子申請のデータが公文書として戻ってきたら
まったく知らない先のが送り返されてきたのです。

お恥ずかしい話が、すぐには気づきませんでした。
普通は返って来るときには『公文書』ってフォルダをダウンロードし、中身を保存します。
データを保存したものを、ふと見ると、番号がなんだかちょっとおかしい・・・?

よくよく見ると、知らない事業所の名前・・・住所・・・そして社労士名・・・なんだこれ

そこでやっと、違うデータが返送されてきたことに気づきました

さっそく、行政にお電話してみましたが、そういうことは起こりえないと言われました。
でもぉ・・・違うんですもん・・・。
そこでしらべてもらうことになりましたが、そのお返事も遅いんですよ・・・。

結局、担当の偉いさんがおっしゃるのには
直前に処理したデータを間違って貼り付けてしまったとのことです。
一番気になるのが、こちらのデータはどこに???

「こちらのデータを相手に送っていないでしょうか?」との質問には
「それはないです」とおっしゃる。

ほんとうかなぁ・・・。

翌日、事務所に謝りに見えました。
少し対応が遅かったので、それを言うと
なぜそうなったのかの確認に手間取ったとのこと。
お話を訊いていると、余所のデータを二重に処理したようで、
こちらのデータは漏えいしてなかったようですが
本当のところはわかりません。

私のところに届いてしまった"知らない事業所さん"にはお詫びに行くとおっしゃっていましたが・・・。
これってとてもおおごとなんじゃないのでしょうか

電子申請の中身ってとても大切な内容です。
それが知らない先に送られていて、かつそれを知らなかったとしたら・・・怖いですね

これからマイナンバーカードが発送されていきます。
個人カードもこんなことにならないとは限りません。
恐ろしい・・・

データ管理は大切ですね。
あらためて怖さを再認識です。

最近いろんなところで情報が漏れているので心配になります。

顧客データのパソコンにはネットを繋がないという社労士さんもいらっしゃいます。
不便だけど、事務所の責任で何かが有ったらそれこそ大ごとだからと言います。
それもアリだと思うようになりました。

日本人は性善説だし、ひとを疑わない国民性。
そういうところを襲われるんだろうなぁと思ったりします。

難しい・・・。
コメント
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
2015/10/24(Sat) 06:47 | URL |  | 【編集
名無しさんへ
マイナンバーも大丈夫でしょうか…と不安になります。
2015/10/24(Sat) 23:51 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック