image+(1)_convert_20151029215809.jpeg

今回は前回に引き続き、マイナンバー研修です。
題して、”マイナンバー対応の実際 特定個人情報取扱規程等に定めるべきことは”

京都御所の向かいで開催です。
暖かかったので、御所でパチリ
image_convert_20151029215843.jpeg


電子化の推進もされていましたが、事務所ではほとんど電子申請です。
でもまだまだ、行政に行くべきこそが社労士の仕事だ!とおっしゃる先生も多くて、実施率は4%とのことでした。

マイナンバーは本当は、もし洩れても何も怖くないんですけどね。
ともおっしゃっていました。
キャッシュカードや免許証などのほうがもっと怖い。
でも政府はマイナンバーを勧めていきたいので、重きを置くべきものだとしておきたいようです。

扶養控除申告書にマイナンバーの記入欄が今年から設けられました。
扶養控除申告書

でも、まだ通知カードも届きませんよね。
扶養控除申告書が届くのが遅れると、年末調整にも影響が出来るので困ります。
郵便局さん頑張ってね~~~

不在通知が入っていても郵便局には7日しか置いてもらえないようで
それが済むと市区町村へ戻るようです。
ちょっと面倒です。

個人番号カードも社労士なら作っておきべきとのことでした。
私は住基カードも持っているので作るつもりはしています。
だってねぁ、ないと不便ですもん。

その都度、免許証を出すのも嫌ですしね。。。

税理士事務所としては、従業員さんが番号を知らせたくないって言えばそれはそれで良いのですが
社労士として雇用保険資格取得時には番号を聞かないといけませんし
健保組合への加入時にも、番号付きの住民票が必要となるようです。

その際、郵送なら書留OR特定郵便です。
先生のお話では、レターパックがお勧めとのことです。
送料もバカになりません。

まだまだ動いてないのでどうなるのか不安ですが
セキュリティはしっかりしないといけないので、これはこれでまた大変。
遅れないように付いていかないといけません

大変だ~ぁ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック