びっくり!
ブログコメントやメールとか本当にありがとう!

みんなが応援してくれたから合格できました。
試験は運もあると思うのよ~

今回の産業カウンセラーの勉強は、実技は分かるけど学科試験ってよくわからなくて
何を勉強していいのかわからなかったのです。
去年合格したお友達に「何を勉強したらいいの?」って訴えたりしてました。

一番苦手な、カウンセリングの理論名、創始者の名前。
頭の中でごちゃごちゃになってました。
でも結局はそんなに出なかったような気がします。

何を勉強したらいいのか・・・きっとこれはみんな悩むかも。
まずは、厳選問題集をこなすこと。
その中にある、逐語の問題も重要です。
たぶんこの配点も大きいと思います。
基準点割れにならないように、一般の学科と逐語と両方を6割がた取る必要があります。

でもね、私のグループは受けた人が全員学科は合格でした。
6割って結構嬉しい倍率です。

社労士試験は満点を目指して勉強するけど
産業カウンセラー試験は、その時の上位6割に入ればいいってことだから
それほど危機感は感じなくても良かったのかもしれません。

社労士試験ほどマニアックな試験はないって思いますもん。。。

産業カウンセラーって何するのかご存知でしょうか?
産業医って習いましたよね。
同じような感じで、企業にいる心の相談窓口なんです。

企業の中の従業員がなる場合もありますが
外に委託する方が多いようです。
だって、同じ社員に心の中をさらけ出すのってちょっと勇気が必要でしょ。

社労士のように委託されて週に1回とか企業に行き、心のバランスを崩したかな~って人の相談を受けるのです。
でも、なかなか産業カウンセラーを雇うほどの規模の会社って出会えません。
時折、会社じゃなくても、例えばハローワークだとか公的な機関での求人があるときもあります。

「傾聴」って技法を使って、心にもやもやしている部分を出してもらって
元気になってもらえたら、とっても嬉しいです。

自分が世の中でたった一人っきり・・・
誰も自分のことを気にかけてくれない・・・。

そんな風に思ったことはありませんか?

私はあります。
辛くて辛くて・・・死んでしまったら楽になれるかも・・・
そう思い心を痛めた日々・・・。

悲しくて悲しくて
「上をむ~いてあ~るこ~う」って泣きながら空を見上げた夜。。。。

そんな時に、話を聞いてくれる人がいたらどんなに心が楽になれたことでしょう。

ウツからくる自殺は年々増加しています。
特に男性が多いとのこと。
相談する人がいないようです。

女性は相談する人は一番が友達。
男性は一番が奥さんだそうです。
友達には弱音を吐いたりしないようです。

だから独りで抱え込む・・・。

そんな人の話を聞いてあげたい・・・と思うのです。
まだまだ実力がないので、口で言うほど何もできないのですが
いつかは・・・ってことを思います。

今、思うことは
誰かの役に立ちたいってこと。
私が生きている証が欲しいのです。
こんな私でも誰かの役に立てるとしたら、存在価値を見出せます。

そんな目標を持って、自分の残りの人生を歩んでいけたらいいな~
まだまだ頑張ります。

頑張ることに年齢は関係ありません。
いくつになっても頑張れます。
自分の出来ることを頑張りたいです。

これからもお友達でいてください
本当に応援ありがとう。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック