今年も年度更新のお手伝いに行ってきました。
去年は3日でしたが今年は2日だったので少し楽でした。

本当は忙しい時期に行きたくないのですが
、なかなか人が居ないようで、なんとか都合をつけて参加しています。
毎年、一日は郵送の申告書の確認作業が入ります。
こちらは職員さんたちに交じり仕事をします。

これがまたとても苦手・・・
経験年数の浅い先生が入ることになっているようで
文句も言えず入っていますが、本当にストレスがたまります。。。。

課長の前の席で一人で黙々と進めます。
一番の難点は分からない時に相談する人がいないこと。
責任者の方がいらっしゃるのですが、いくら簡単な仕事でもいろんなパターンがあり、その都度どうしたらいいのかと悩みます。
そしてなんとか仕上げた仕事が合っているのか・・・とまた心配になったりもします。

帰ってから「あの社労士さんって使えないよね」って言われているようで・・・

その点、申告書の窓口受付は忙しいですが、私はこちらの方が好きです。
不明な点はその時に質問できますし、修正も出来ます。
悶々と悩むこともなく、スッキリ!

それでも、毎年建設業の一括有期の書類を白紙で持ってこられる方がいらっしゃいます。
初めてそれを受けた時は目が点になりましたが、今では対応できるようになりました。
少しずつ、私も学習出来ているでしょうか。

年度更新は慣れればとても簡単ですが、初めはわかりにくいと思います。
なぜそうなるのかを教えてあげれば、納得してもらえて喜んでもらえるのでこちらまで嬉しくなります。
そういう瞬間が好きかな~

申告書が間違っているときに、来ていただいた方に確認すると
「税理士さんがやってくれているからわからない。」と言われることもよくあります。
税理士さんが作成してくれているから間違っていないと、信じ切ってられる方も多いのですが、こういうときが難しいです。
税理士さんよ~~~間違えないでぇ!!!と訴えたい。

そうかと思うと、税理士さんがまとめてたくさん持ってこられることもあります。
以前私もそうだったんだなって思うと、申し訳ない気持ちになります。
混んでいる時にまとめてたくさん持ってこられると、正直辛いですから・・・。

なんでもその立場にならないとわからないものですね。
そういう意味でも、窓口のお仕事は貴重かもしれません。
なんでも自分側からの目でしかものを見ていないので、反省ばかりです。

これから算定基礎にかかります。
今年の夏は社会保険調査も多く、バテてしまわないように体力をつけないとと思っています。
頑張ります!

先ずは体力、そして気力、暑い夏を乗り越えましょう!
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック