昨日は支部の忘年会でした。
我が支部は毎回、出席率が高いです。
そして本当に仲が良い。

先輩の先生方が温かい~~~
私たちって正直、商売敵になるのですが
親切にいろんなことを教えてくれますし、実務での困ったことにも対応してくれます。
支部研修会でも、自分らが困ったことや知っていることを、どんどん後輩たちに教えていきたいとおっしゃっていただいています。

行政とのかかわりはもちろん、全社連や府の社労士会へのかかわりももちろん
社労士としてどうあるかってお話も今回は聞くことが出来ました。
そのためにはもっともっと勉強していかないといけないってことも。。。。

ただ行政の言われるままではなく、法的根拠や条文をちゃんと読み込んで判断することも必要とのことでした。
10年後に無くなる資格はどれだろうってことにもなりましたが
社労士は絶対に無くならないというお話も

労務関係の相談は機械でマニュアル化出来ないし
対応していくにはそれなりの勉強も必要だが、頑張れば稼げる資格だとのことでした。

なるほどねぇ・・・。

社労士の仕事って誰でも出来るんじゃないのって言われたりするので
少々空しい気持ちを感じていたのですが、少し気持ちも明るくなりました。
合格率も低くなっているし、なんだか先細りなのかと・・・。
そうではないようです。

ただ現状に満足して、ただの手続き屋さんでいるなら問題かもしれないですが
そうでない、頼れる社労士になれれば前途は明るいのでしょうね。

でも、正直、労使間のもめ事って苦手です。
あちらを立てればこちらが立たず・・・なんとかして、紛争にならないようにと苦心するのです。
上手くいって当たり前ですしね。

どちらの言い分もわかる気がする・・・。
・・・なんてことは言えませんが。

頑張ろう

忘年会ってただのお食事会ではありません。
先輩方から吸収できることをいっぱい吸収し
仕事にも役立てたいと思いました。

とっても楽しかったです。
席も良かったし
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック