仕事で東京へ行ってきました。

何度も書いていますが、恐ろしいほどの方向音痴です。
トイレに行ったら、どっちに出るのかわからなくなるほどのレベルです。
それでも、この10年で年金事務所やハローワークへ行くことが増えて、一人でいろんなところに行けるようになりました。

スマホのおかげも半分以上あるのですが・・・

行きのJRで前の事務所の女性と偶然席が向かいになり
「縁だよね~~~」とlineの交換を始めました。
最近こういう機会が増えてほんとうに驚きます。

人と人とのご縁は宝物ですね。

でも「はるさんがひとりで東京???信じられない!」ってまた言われたし・・・
ほんとに京都駅でさえわからなかったんですよね・・・。
それがなんとなんと、一人で東京です。

社労士の勉強をしだしてide塾に替わってから、大阪に行くことが多くなり
その次は東京にまで進出出来ました
たくさんの友達が出来て、東京に行くのがとっても楽しみになっています。

これも一つのご縁です。

東京の友達の社労士さんに、以前ブログに書いていた別送届のことを聞きました。
電子で届け出処理していても、文字が電子申請に対応していない場合
例えば「髙」という字などは決定通知書を公文書で返送できないため、用紙での発送となります。
京都であれば、用紙が事務所に送られてきます。

ところが東京は、わざわざ「別送届」を出さないと、すべての書類は事業所に届きます。
そして顧問先さんに事務所宛に郵送してもらうか、取りに行くかしないといけません。
めちゃくちゃ面倒です。

提出代行の意味がない・・・。
いろいろと地域制があるんですね。

今回、年金事務所でついでに別送届の用紙をいただきましたが
算定基礎の場合は、また別の別送届を出さないといけないとのことでした

今回は東京だったけど、北海道とかに顧問先があって
助成金の申請でどうしても行かないといけなかったりしたら
とっても嬉しいかもな~~~なんて

実際は北海道なんてありえないですけどね。

新幹線から見た富士山がとっても綺麗でした。
IMG_3787_convert_20170124223004.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック