あっという間に4月が終わろうとしています。
早いなあぁ・・・。

毎年のことながら年度末の手続きの多さには辟易してしまいます。
今年もすごい数の離職票を作りました。
まだ残っていますが・・・

それでもハローワークはなんとか早く公文書が返ってくるのですが
労働局や労基署と年金事務所はとても遅い!
ハローワークも新規の届け出になると超遅い!

どういうことでしょ

年金事務所の手続きが遅くなるとその間健康保険証がありません。
特にGWに入ってしまうととても困ります。
今回は新規適用も数件ありましたが、まったく返ってきません。

事務センターに問い合わせしても電話がかからないし
先日は少しイライラしておりました。
原因はとある事務センターの方との電話でした。

私が任意適用届を出したのですが、これは強制になるので任意ではないとおっしゃる。
いやいや被保険者になるのは4人だし強制ではないですよね。
でも人数が10人になってますよね。
そこは事業所の全従業員の内訳を書くところですから、月に一度しか来ない人も入っています。
でもその人は5人の中には入れませんよね。

違います。全従業員の人数が5人以上だと強制になるんです。

いや・・・そんなことは今まで聞いたことがない。。。
不安になって京都事務センターに確認しました。
やはり、被保険者になる人が5人以上です。

どうして都道府県によって違うのかと、再度、お電話をしてみますと、
すみません間違っていましたとのことで納得はしたのですが、釈然としない一日でした。
年金事務所の方も忙しいでしょうしわかるのですが・・・。

そういえば電子の公文書も夜の12時を超えたころに返ってきたことがありました。
遅くまで頑張ってられるのだと頭が上がります。
こんなに遅くまでお仕事をしないでいられる世の中になれば良いなあと思います。

社労士さんも忙しくなるのでご無理のないように頑張りましょうね。
私も頑張ります!
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック