母が何十年とお詣りしている大阪の石切神社。
正式には石切劔箭神社というらしい

父が亡くなってから、いえ認知症で運転が出来なくなってから・・・は私が運転して行っています。
方向音痴の私はひと月に一回のためまったく道が覚えられない・・・ので
毎回カーナビを使っています。

石切さんの参道には多くの占いの館があります。
偶然、社労士友達がお詣りし占ってもらったと聞き
私も占ってもらいたくなりました。

娘も手相を視てもらい、私は"総合占い"を視てもらいました。
総合占いってなんなん?って思ったら、何のことはない四柱推命でした。
これは以前、京都の清明神社の人生相談で視てもらっていたのですが
今回は内容も少し違っていたので、違う結果が出ました。

ただ感想としては、清明神社のほうは宮司さんが視てくださるので
占いと一口では言えず、重々しい感じがしたのに対し
今回は"占い"という軽い感じだったこと。

占った結果もくれなかったし(清明神社はもらえる)ちょっと残念。

でも人当たりはとても良かったです。

視てもらったのは、仕事のこと。
まだまだ仕事を続けそうだとのこと。
15年くらいは仕事をしているそうです(;^_^A・・・。

ただそれほど強くないので一人でやるってことはないそうです。
どこかで勤めているらしい・・・これもなんかちょっとやだなぁ・・・って感じ。

自分の中であと数年、どんな働き方をすればいいのかと悩んでいるので
ちょっと驚いた結果でした。
まあ、パートで働くのもアリなのかもしれませんが
きっぱりと仕事を辞めるということはないのでしょうね。

占いってあまり心にズシッと入ってしまう人は視てもらわないほうが良いですね。
軽く考えて、良いとこどりをすればいいのかも知れません。
あまりこだわっていては心もしんどくなってしまいます。

他にもちょっと言われたことも気になってしまっています。
こんな性格の人は視てもらっちゃいけませんね・・・。

2年ほど前に京極で母と視てもらったことがあります。
占い師さんは母に「あなたこういう仕事向いていますよ。今からでもいかがですか?」と。
驚きました。。。。

母は若い頃、勘が良く、言ったことが当たったり
抽選にもよく当たりました。
それが占いで何か出たのでしょうか、母と顔を見合して驚きました。

占いは勉強したら誰でも出来るとその方はおっしゃいました。
確かにそうなのかもしれませんが、それだけではだめだと思います。
やはりプラスαが必要です。
それは経験だったり勘だったりするのでしょう。

出た結果をどう判断し、その人に伝えるのか。
それが一番必要なことだと思います。
その占い師に話すことで、安心できると思えば、また相談に来ます。

社労士も同じかなぁ・・・

労使間の間で、どうかかわっていくのか
労基法などの法律とで、どうかかわっていくのか

やっぱりどんなことでも最後は、人とのかかわり方なのでしょうね。

要するに頼りになる人。
そんな人になりたいです。

でも器が小さいからなぁ…私。

なんてねいろいろ考えてしまいました。。。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック