最近特に思うのですが、社労士の仕事はどこからどこまでが専門職として決められているのかと。
もちろん受験生の頃に、しっかりとその辺りのことは習いました。
行政でも「〇〇は社労士しかできません」と書いてあることもあります。

でも、実際はグレーゾーンの多いこと

労働保険の受付をしていると、胸張って税理士事務所が大量に申告書を提出します。
税理士と社労士、行政書士などグレーゾーンがいっぱい・・・。
でもそれなりに、正しいものを作れれば、それはそれで良いのかなって思うことも。

でも、驚いたのは保険会社が就業規則を作るのです。
めちゃくちゃ驚きました。
確定拠出年金に入って欲しいからと、規定の就業規則を作ってきます。
もちろんコピペなので全く実態に沿ってません。

「〇〇規程による」と書いてあってもその規程がないとか
育児介護についてはこの1月からの法改正には対応していなとか・・・。
内部資料としてはそれで良いらしいのですが、納得いきません。

作るのならばきちんとしたものを作って欲しいと思うのです。
その辺りのことをお話しすると
「それはこちらの仕事ではありませんから」とおっしゃる。
わけがわかりません。

司法書士さんも就業規則を作られるとかも、きいたことがあります。
誰でもちょっと勉強したら作れるとは思うのですが
法改正には忠実で有って欲しいと思います。

私は何のために社労士になりたかったのかと考えると
やはり手続きをスムーズにできるようになりたかったのです。

「社労士さんでないので出来ません」
「社労士さんでないと書類は返送できません」
そんなことを言われる都度、めんどくさいから社労士になっちゃえ~って思ったのです。

社労士になったら次は手続きだけではなく
社労士として顧問先さんに何が出来るのか。
どんなサービスが提供できるのか。
ワンステップ上のことを考えないといけないのですね。
当たり前のことだけれど、とっても大切なことだと思います。

今の私は手続き業務でアップアップしています。
これじゃあいけないなぁと、ふと忙しい中でも思う今日この頃。
難しい・・・デス
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/13(Tue) 19:25 |  |  | 【編集
6/13鍵コメさんへ
お久しぶりです。
遅くなりました。

そうなんですよねぇ・・・微妙です。

行政書士はハッキリ就業規則を作ってもいいと言い切ってたりします。
ほう~って感じですが。

仕事の棲み分けって難しいですね。
税理士はある程度確立しているのでしょうか、合計表を作成する社労士さんがいますが
提出は税理士しかダメですしね。

たぶん受け側の問題かと思います。
受け側が社労士しかダメだと決めればもっと地位は上がるのだと思いますが・・・。
たぶん無理でしょうけれど・・・。

オフ会に参加していっぱい愚痴ってくださ~~~い。
2017/06/16(Fri) 12:34 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック