今年も行政機関に手伝いに行っています。

今年は最低でも一人3回は入って欲しいとのことで
参加される先生方が減っています。
なかなか3回は辛いです。。。

なのに、今年は人がないからと、もっと回数をと頼まれて四苦八苦しています。
自分の仕事が山ほどあるのに・・・
仕方なく、休日に頑張っています

窓口に出るといろんな方が来られます。
白紙で申告書を出されるのですが、一番「うっ」とくるのが給与明細を持ってこられる場合。
「集計表を一緒に作りましょうね~」から始まります。

驚いたのが、毎年これでやってますと源泉徴収票を持ってこられる方。
オイオイ(~_~;)

「これは1月から12月の集計で、労働保険は4月から翌年3月までの合計なので違うんですよ~」
と言いましたが、今まで毎年これで・・・とのこと。
はあ・・・

とある人は、税理士さんに
すべて書類を白紙のまま持って行って教えてもらってきてと言われたと出されましたが
算定基礎届と賞与支払届まであり、こちらは年金事務所で聞いてくださいねと言いました。

確かに税理士さんはやっちゃいけないので、その通りですが・・・
その方は突き放された感満載でした。

税理士事務所さんは大量に申告書をもってこられます。
独りで1時間くらい電卓叩いてました

そうかと思うと、「今社労士の勉強しているんです」とおっしゃる女性税理士さん。
「税務は計算が多いのでそれほど困らなかったのですが、社労士の勉強って覚えることばかりなんですねぇ・・・まったく覚えられないんです」と悩んでられました。
税理士さんですからお勉強は出来る方だと思うので、きっと合格されると思いますが
ダブルライセンスはやはりすごいと思います。
「頑張ってくださいね~」と最後に声掛けしました。

一日窓口対応していると、精神的に疲れます。
頭痛が取れません。
それでも「ありがとう」と言ってもらって気持ちよく帰られる姿を見ると
私も嬉しい気持ちになります。

人手が足りないからと駆り出されてるのですが
少しずつ社労士としての居場所も確保できればと思っています。
もう5年になるのですから、いつまでも甘えている立場ではありませんよね

今までになく忙しいのですが頑張ります
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック