仕事をしていると、同じ業界の間で同じ従業員がぐるぐる廻っていることに気づきます。
求人応募に来た人の履歴書を見ると、「あれ?この前〇〇で喪失手続きした人だよなぁ」って。

良い方なら問題はないのですが、良い人はよほどの理由がないと退職しません。
履歴書をみて、短期間に仕事を移っている人はちょっと問題ありかもしれません。
前の職場を辞めた時に、窃盗があったらしい・・・とか、まったく仕事が出来ない・・・とか聞くと
次の職場も顧問先さんだったら、どこまで言ってあげても良いのかと悩みます。

とある顧問先さんでは必ず前職場に電話して仕事ぶりを聞くとのことでした。
あからさまに「採用を辞めたほうが良いですよ」と言われたこともあったようです。
会計事務所でも、誰かが行ったところはほとんどが知っている税理士さんだったり
知っている人がいたりいますから、みんなほとんどが同じ業界にいるのだと思います。

そう思うと、辞めるときの態度も人として常識のある態度で臨まないといけませんね。
もちろん普段からの仕事ぶりが一番大切ですが。

話が逸れましたが、顧問先さんへのアドバイスとして
「△△さんの評判はあまり良くないですよ」とこちらの立場で言うことはなかなかできません。
顧問先さん同士が知り合いであったとしても
こちらからは「☆☆さんも顧問先さんなんですよ」ってことは言えません。

そう思うと、心の中で「その人は採用しないでぇ・・・」と願うしかできないのです。
あ~~~もどかしい。。。。

他の方々はどうされているのでしょう・・・。
やっぱりアドバイスされるのかなぁ。。。と少々気になるところです。

ふう~~~


やっと今日で労働保険がすべて終了しました。
次は賞与支払届と算定基礎です。

その前に労働保険の公文書を開けないといけないのがまた面倒
頑張るっきゃないです。

京都は雷が鳴り、急な大雨が何度も降りました。
みなさまのところは大丈夫ですか?
コメント
情報漏洩?
アドバイスって、ちょっとびっくりです。
仕事上知り得た個人情報を取引先に伝えるのは、個人情報保護法や社労士の倫理規定に触れるのではないでしょうか。
そういうことを恥ずかしげもなくブログへ書き込むなんて、意識が低すぎます。
そういう社労士のいる事務所は信用できませんね。
クライアントの利益を考えているように見えて、自社の情報も外部に漏らされるだろうと、信用を失ないます。
2017/08/17(Thu) 19:49 | URL | つみれ | 【編集
つみれさんへ
そうですね。
私もそう思います。
2017/08/22(Tue) 21:13 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック