春からの忙しさに輪をかけて年度更新で忙しくなり、土日も仕事に行っていました。
もうこりごり・・・

今年は支部での割り当て数に対応する人がないとのことで
支部長から頼まれて断れずに複数回出務に入りました。
おかげで、自分の仕事をこなすのが大変でした。

でも、なんでもそうなんですが
決して無駄なことはないのですね。。。あらためて思いました。

今までに一日だけ入った年もありましたが
慣れたころに終わります。
失敗してもそれを次に生かすことが出来ないのです。

今回はそういう意味でとても有意義でした。
初回こそ、還付金にもたもたし、還付請求書もマニュアルを見ながらでしたが
ハンコを押さないといけないところや、細かいところの確認など
完璧に出来るようになりました。

郵送当番の日にもすらすら申告書をさばけました。
達成感200%かな~~~

建設業は自分でも作成しますが、窓口に来られる方や郵送での書類は結構イレギラーが多いのです。
普段の処理では見ないような間違いも多く、それをどう処理するかが問われます。
何年か前に郵送当番で入ったときは、わからなくて職員さんに聞いてばかりいました。
そう思うと今年はスムーズでした!

たぶん、数回入った後だったのと、担当の職員さんが良かったからだと思います。
とても気さくで良い方で周りにも目を配り
お客さんへの対応もすごく早くて感動しました。
初めて入った社労士先生にも親切に教えてあげてました。

私なんて過去には、結構辛い思いをしたこともあるんですけどね。。。

職員さんにしたら「先生」とは呼んでいるけれど
仕事もちゃんとできてないんじゃないの?と言う気持ちもあるでしょうね。
私が反対ならそう思いますもん。

それなのに、優しく教えてくれて疑問にも詳しく答えてくれます。
郵送当番の時には、常に気にかけてくれて
「大丈夫ですか?」
「しんどくないですか?休憩しながらやってくださいよ」とか声掛けしてくれます。
そういう一言で、黙々と煮詰まって仕事をしている私は、気持ちが楽になりました。

こういうことって上に立つ人には必要ですよね。
私もそうありたいです。

今年から出務時間が1時間以上も長くなり、事務所に戻ってもしんどくてへとへとでしたが
自分の仕事でややこしくて不明なことなども
休憩時間に調べてもらったり、解明してもらったりしました。
電子申請でお世話になっていて、電話でしかお話したことなくて
何年もご挨拶したかった方にもお会いできましたし
しんどかった分、良いこともありました。

事務所を辞めたら、この時期、毎日出務に入ってもいいな~なんてね。

次は算定基礎です。
頑張りマッスル
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック