年度更新の仕事をしていて気づいたことですが
申告書の裏に社労士印を押す場合、定型印と丸印(会員印)を押すのですが
京都以外は結構いろんな印鑑を使われているのだということです。

私が合格して付記印等を購入した際
定型印と丸印を押すようにといわれたのですが
この丸印は強制ではなかったようです。

その時も確かこのブログで
印鑑の色が黒で押すところがあるとかコメントをもらった気がします。
社労士会員番号の入っている丸い印鑑は常に提出代行印と共に使っています。

でも普通の認め印でも良いのか・・・と思うと
なんだかちょっと力が抜けた・・・って気持ちです。

この蓋付の丸印は使い慣れていない1年目は、何度も蓋をしたまま朱肉にぐりぐりとくっつけて
書類に思いっきり押したがために、大きな赤い丸が出来たことが何度もあります。

おかげで今では蓋が緩んでしまって・・・(;^_^A

定型印も一度、日付のところのゴムが切れました。
そんなに使ってなかったのですが、そういえば初めから少しきつい感じでした。
今回のはスルスルと動きますので、不良品だったようです

付記印も受験生の頃は押すのが夢でした。。。。

電子申請を始めたのでほとんど押すこともなく
綺麗です

あれほど夢見ていた社労士という仕事が、当たり前になってしまっているようです。
気持ちをしっかりと持たないといけませんね。

社労士の仕事が出来るようになって、忙しいとか、言ってちゃいけませんね。
初心忘れるべからずです。

ガンバロ

受験生の皆さんもラストスパートです。
あとひと月頑張ってくださいね~~~
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック