先日、2年前におきた労災事故の障害請求の進展がありました。

労働基準監督署から指定病院での診察を指導されました。
一番大変だったのは、その病院での診察日程の調整でした。
それで3カ月くらい経ってしまってました。

その間に、その担当の方から仕事でも接することが多くなりました。
今回、息子とお医者さんと双方からの話が聞きたいとのことで
その労働基準監督署の方も病院に来られました。

私もお世話になっているので名刺交換しました。
公私共にありがとうございます~です。

お電話でお話を何度もしていたのですが、お会いしてみるととても若い!
なのにしっかりされているんです。
驚きました。

10年前に私の通勤労災の際、お世話になった方とも未だにお付き合いがありますし、
どこでどなたにお世話になるかはわかりません。
そして経験したことは一つの財産となり、無駄にはならないのですね。

今回、いろいろとお話が出来ました。
障害給付が受けられるかどうかはわかりませんが
1つの経験としてダメでも、それで良かったと思っています。

もう少しかかりそうですが
1つ山を越しました。

あと少しかな~
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック