お恥ずかしいことですが、この前のiDE塾の法改正セミナーに行くまで知りませんでした。
労働安全衛生規則の産業医選任基準が、この4月から変更になっているんですね。

事業者は産業医を選任するにあたって、法人の代表者若しくは事業を営む個人(事業場の運営について利害関係を有しない者を除く。)
又は事業場においてその事業の実施を統括管理する者を選任してはならないこととしています。

井出先生はさらっと進められましたが
私は「ええええっ!!!」と驚きました。
顧問先で医業が多いので、これはとても大きなことです。

6月1日からは産業医の定期巡視の頻度の見直しもあったんですね。
産業医が、毎月1回以上、事業主から所定の情報(以下の1と2)の提供を受けている場合であって、事業者の同意がある場合には、産業医による作業場等の巡視の頻度を、少なくとも2月に1回(改正前は「1月に1回」)とすることが可能。

ちょっと油断すると法改正についていけなくなります。
こちらの6月からの巡回の件は来年の法改正になるのですが
仕事では必要な内容です。

産業医を非常勤でされている顧問先の先生もいらっしゃるので
知っていないといけない内容です。
アンテナを張っているようで、引っかからないこともあり、
月刊社労士や研修会での情報収集は必須です。

洩れないように心掛けることにつきます。

そういえば、法改正・・・苦手でした。
今までの知識を変更しないといけない改正は、しんどかったです。
テキストへの書き込みや削除作業は時間を取ってしまいます。

そういう意味でも私は各予備校の模試を率先して受けていました。
最終は8月のもあり、一番旬な情報を模試を繰り返すことで知識の蓄積をしていました。

この暑い夏、身体もしんどいし精神的にも参ってくる頃です。
受験生の皆さん!
体調管理を優先に勉強を頑張ってくださいね。

11月にはサクラサク
応援しています。

私も仕事が山積みですが、頑張ります
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック