先週金曜日に支部会がありました。
京都会は一斉にこの日に各支部で行われています。

年間の行事報告と会計報告があり、その後は食事会です。
我が支部は毎回多数の参加者となり盛大に行われます。

毎回受付をするのですが、どうしてもお顔が覚えられず
嫌になります。
顔が覚えられない病気でしょうか・・・。

我が支部はいつも他の会員のことを考えて行動されます。
勉強会も先生方にどうすればいろんなことを覚えてもらえるだろうかとか
厚生委員の先生方は新しい先生方がどうすればみんなとなじめるだろうかとか
行政への出務があれば、新しい先生がまず勉強のために優先に入ってもらって、古い先生はフォローに入るとか
いつも、この支部で良かったなって思います。

私も助けてもらっているので、支部に恩返しがしたく、出来るだけ協力的に参加しています。
それでもあまり群れるタイプではないので、いつも一緒にいるというような友達は出来ません。
それはそれで寂しい部分もありますが、群れることが面倒だし出来ないかなぁ・・・。
なので本音は食事会とか苦手です(;^_^A

次はまた京都会の総会もあります。。。。

今年は社労士制定50周年なので、いろんなイベントがあります。
忙しくなるかなって思いつつ、労働保険の出務を頼まれたのでそちらも参加予定です。
そういえば試験監督もありますね・・・。

仕事も社労士にとって忙しくなる時期がやってきますね。

受験生にとっても最後の総まとめの模試の時期ですね。
受験生の方々に負けないように、法改正の知識も入れてついて行かないといけません。
一番良く理解しているのは受験生だと、井出先生はおっしゃいます。
合格してしまうと、使わない知識はどんどん抜けていくからです。

頑張らないとね
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック