1年に一回の産業カウンセラー養成講座のメンバーとの食事会です。
良い先生に恵まれて今もお二人ともご参加いただいています。
あの頃は、厳しくて怖かった先生ですが
今となっては本当に感謝の気持ちしかありません。

良いメンバーと良い指導者に恵まれたと思っています。
その思いは他のメンバーも同じです。
遠い方は岡山から来ていただきました。
この会のために新幹線で!ありがたいことです。

あれから3回目の食事会ですからもう3年経つのですが
みんなそれぞれに自分の道を進んでいます。

今はキャリアコンサルタントが国家資格になったのが原因なのか
養成講座への申し込みが減っているとのことですが
カウンセラーとしての原点は産業カウンセラーだと私は思っています。

1に傾聴、2に傾聴
人の気持ちに寄り添い真剣にお話を聴くことがすべてです。
それ以外は何もないのです。

社労士の友達が産業カウンセラー養成講座に通い
今の私と同じことを言っていたのですが、私はまったく理解できていませんでした。

赤の他人に何ができる?
その人の辛さや悩みが解決できる?
そんなことを勉強している全くの他人同士が友達になれる?
講座が終わっても仲良くしてる?

・・・信じられない・・・

そんな風に斜めに構えて参加した講座でした。
知らない人と話すのが苦手な私が、知らない人に心の中をさらけ出さないといけないその辛さ。
毎回、頭痛に悩まされていた日々でした。

それがある日、落ちたのです。
私の中に、ストンと!

ロールプレイングが終わった後の振り返りの時間が
一番大切な時間だということが分かり始めたのもこの頃でした。

苦手な人がいて、その人が相手だったら嫌だなあとか思っていたことも有ります。
そういうことも今となっては懐かしいです。
親子ほど年が離れた人もいますし、仕事もいろんな仕事をされています。
その中で出会った15人です。

やっぱりカウンセラーがやりたいなってことを再認識した時間でした。

先生がおっしゃいました。
「人生は長いよ。やりたいことをみつけて続けていけたらいいね」と。

事務所を辞めたらカウンセラーをやりたい!
そう決心した私でした。

職時間が終わった後、ラインで
「いつでも話聞くからね。電話してよ」と言ってくれた遠方の友達。
その一言で泣きそうになりました。

友達が居てくれることで心が温かくなる。
私のことを思ってくれる人が居てくれることで頑張ろうと思える。

そんな人に、私もなりたい・・・。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック