今日は支部の勉強会です。
助成金センターの方と均等室の方が来られて説明がありました。

こうやって聞けば聞くほど、助成金はやりたくないなあって思います。
現実には数件の案件を抱えているのですが・・・。

残念ながら不支給だったこともあったりしますし
支給されても支給決定通知書が来るまではドキドキモノです。

あまり触れることが少ない助成金だと
小さな落とし穴に引っかかります。

「正社員」でないといけない
「定年年齢」を超えてはいけない
「雇用されて〇年未満」でないといけない
「正社員」の期間が3カ月以上でないといけない
などなど・・・。

パンフレットのほんの小さな文字で書いて有ったり
別の項目のところに書いて有って「参照」とかになっていることも。

助成金を出そうと思うのなら、もっと簡単に出来るようにすべきであって
金額は少なくてもみんなに支給できるようにするとかいうのはダメなのかなと思います。

本当にややこしすぎます。。。

事務所に戻ったらまたまた怪しげなところからのパンフレットが届いていました。
わけのわからない会社が「助成金もらえます!」との見出しで
もらえる金額のみ羅列されているカラーパンフレット。
あきらかに違法なのに、こうやっておおっぴらに営業活動が許されているってなんですかね。

こういう会社からの助成金申請業務の依頼メールもよく来ます。
顧客からも、手続きをする社労士からも、費用を取るという怪しい会社。
最近とても多いです。

こういうパンフレットがくると、顧問先さんがやってみようかと思われて
仕事が来るので良いのでしょうが、助成金はできればやりたくない仕事なので辛いです。
これ本音です。


助成金でバリバリ稼いでいる友達もいるので
あやかりたい・・・あやかりたい・・・。

そんな私にはほんとうに今日は実のある時間でした。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック