この3月に産業カウンセラー養成講座のグループで食事をしたのですが
その時に来れなかった友達と3人でランチしました。

食道楽の友達が祇園のとあるお店に連れて行ってくれました。
コースだったので、途中で・・・いくらするんだろうと内心ドキドキしてました。

一万かなぁ・・・二万かなぁ・・・と・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

結局5,750円だったのでホッとしました。
京都価格って本当に怖い・・・
南禅寺の方に行くと、湯豆腐が8千円から一万円
お豆腐ですよぉ・・・下手すれば100円未満でも買えるお豆腐での湯豆腐。
湯葉も入ってたりするのですが、京都価格は恐ろしや・・・

今回は美味しくて、おかみも元芸子さんとのことで、めっちゃべっぴんさんで最高でした!

この日に会った友達は産業カウンセラーの資格は取られたのですが
キャリアコンサルタントは受けていないとのこと。
看護師さんなのでキャリアコンサルタントは今の仕事では必要ないらしいです。

そっかあ、こういう判断も大切なのね~
いくら、養成講座は受けなくても良い受験資格があったとしても
要らない資格は要らないと言える強さがとても清々しくて好感が持てました。

元々、私は産業カウンセラーの資格が欲しかったわけじゃなく、
その延長にあるキャリアコンサルタントの資格が欲しかったのです。
けれど、実際に養成講座に参加して産業カウンセラーとしての心の声を聴くことに共感してしまいました。
産業カウンセラーの資格を生かすことよりも、その指導の仕方や関わり方が仕事や人生について役に立つ気がします

反対にキャリアコンサルタントとしてメリットのあった助成金も今年度から無くなりましたし
今ではキャリアコンサルタントの資格は、私が社労士の仕事をしていく上であまり意味をなさないのではと思っています。

国家資格になったから取っておこうかぁ~なんて気持ちで取るものではないですね。
実際今回知ったことなんですがこの資格更新もまたちょっと大変なんです。

内容は「更新講習は、知識の維持を図るための講習(知識講習)と技能の維持を図るための講習(技能講習)で構成されています。」とあるように、知識講習と技能講習を受けないといけません。

知識講習は以下のすべての科目を含む、8時間以上の講習が必須
・ 職業能力の開発の知識
・ 人事管理及び労務管理の知識
・ 労働市場の知識
・ 労働関係法令及び社会保障制度の知識
・ 学校教育制度及びキャリア教育の知識
・ メンタルヘルスの知識
・ その他キャリアコンサルティングを適正に実施するために維持を図ることが必要な知識

技能講習は以下の科目の範囲内で30時間以上
・キャリアコンサルティングに関する基本的な技能
 1 カウンセリングの技能
 2 グループアプローチの技能
 3 キャリアシート(職業能力開発促進法第15条の4第1項に規定する職務経歴等記録書を含む。)の作成指導及び活用の技能
 4 相談過程全体の進行の管理に関する技能
・ 相談過程において必要な技能
1 相談場面の設定
2 自己理解の支援
3 仕事の理解の支援
4 自己啓発の支援
5 意思決定の支援
6 方策の実行の支援
7 新たな仕事への適応の支援
8 相談過程の総括

恐ろしいです・・・
この講座、なんと6時間で2万円ほど。
ということは(30時間+8時間)÷6時間×2万円≒14万円

5年後の更新をするにあたり、これだけの出費が必要なんです・・・。
年会費も要りますしね・・・。

大きな声では言えませんが、国家資格のキャリアコンサルタントは返上しようかと最近思ってきています。
社労士も年会費は年間10万ほどなので、それを思うと安いのかもしれませんが
今の仕事では必要をあまり感じないのです。
(必要な方には必要な資格だとは思っていますので資格を否定する意味ではありません。)

もう少しお安く更新できないのでしょうか・・・。

そんなこんなで、時折友達と会うのも刺激的です。
友達は大切ですね(*^.^*)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック