事務所の顧問先の法人成りが相次ぎます。
実務をしている者にとっては提出先が
"日本年金機構の事務センター"なのか"年金事務所"なのか
その辺のところが一番大事です。
テキストに載っているように
"厚生労働大臣"だの"日本年金機構"だの"協会健保"なんてことはあまり意味がありません。

変更届も10日以内だとか5日以内だとか有りますが
結局は一緒に仕上げて持っていきます。
実務をしていると余計にややこしい・・・(>_<)

本当に毎日毎日、人が辞めたり入ったりと手続きに明け暮れています。

簿記の試験の時も思いました。
今時、清算表を手でやっているところなんて無いし…。
仕訳なんて判らなくてもソフトがみんなやってくれる。
確定申告も年末調整もデーターさえ入れれば一瞬に計算できます。

でも基本はやはり知っておかないといけないんですよね。
改めて感じています。

忙しい毎日です。
でも仕事が楽しいと思えるから幸せです。

頑張って勉強して社労士を取ってそれが活かせる仕事に就きたいと誰もが思います。
私も取れたら給与アップしてもらえるでしょうか?
名刺に「社労士〇〇」って載せてもらえることを夢見ています。

そのために長い受験生やってます^_^;
下積み期間でしっかりとした知識が自分のものになり
顧問先に提案出来るようになれるまで頑張ります。
試験のための勉強じゃなく、そのための勉強でした。

初心忘れるべからずですね。

☆☆今日の勉強☆☆
通勤時労基CD聴講
労災答練
国年過去問 
本日の勉強2.6時間:合計の勉強951.5時間
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック