第12回紛争解決手続代理業務試験の発表がありましたね。
試験を受けられた方々には長い月日に感じられたと思います。
お疲れ様でした。

合格された方 おめでとうございます。
桜が咲かなかった方 残念でしたね・・・でもまた頑張ってくださいね。
 
年々難しくなっていくようですね。
時間内にボールペンで字数を気にしながらの記述式での解答です。
とてもストレスがかかる試験だったことを覚えています。

取ったからと言って何かが変わることもなく
労使紛争になっても最後は弁護士さんに依頼されるので
私は一度も答弁書などを見たこともありません。

ただ、特別研修で勉強したことはとても参考になったと思います。
労使紛争にならないようにどうしたらいいのか
もし紛争になったらどうなるのかがわかるので、水際でとめることを考えるようになりました。
それだけでも役に立ったと思いたいです

社労士試験のマークシートもスピードとの闘いでしたから、結構しんどかったのですが
特定試験の記述式も本当に精神的にしんどいです。

でも、どんどん内容も難しくなっているようですので
受けようと思われる方は、ぜひとも頑張ってくださいね。
応援します!!!

さあ明日から3連休、
ゆっくりして素敵なお休みを
今日で事務所の確定申告が終わりました。
発送もすべて午前中に終了です。

ケーキをいただきみんなで寛ぎました。
ひと山越えました。
まだ1月決算の先があるので、担当者は大変です。
事務所は4月になってから、お疲れ様会となります。

これから私は大忙しです

さてさて、息子の労災障害の件ですが、ひとつ勉強になったことがあります。
皆さんはご存じだったのかもしれないので、知らなかったのは私だけかもしれませんが・・・。

労災の障害補償給付の請求時に診断書代の請求が付いてないと、労基署の方に言われました。
-----えええ???診断書代って労災から出るの?──
以前、自分の通勤災害で手続きをした時には(障害ではありません)
それにかかった診断書等は労災からは出ませんと言われました。

実際には被災をして、労災指定病院に療養の給付を請求し無料で診断・治療を受ける場合、お金は一円もかかりませんが、
労災指定病院以外に行って治療代等を一度自己負担し費用請求で給付を受ける場合、病院で医師の証明を受ける費用請求書の文書作成料は自費負担なんです。

今回の障害請求で、診断書が添付資料となっていて、費用が4,000円かかったのですが
以前のことがあったので、自己負担もやむを得ないなあって思っていました。
ところが、障害の請求時の診断書代は、労災の方から出るのです。

用紙は7号です。
ふう~んって感じでした。

労災は「〇号」って話をされますが、慣れていないとよくわかりません。
でもダラダラと正式名を言われるよりはわかりやすいです。

ってことで、もう一度会社の印鑑をもらわないといけないので
それがちょっとネックです・・・

でも4,000円返ってきたら、私は嬉しい~
お客さんの障害請求はしたことがないのですが
息子の労災の請求を自分で書きました。

1年半ほど前に職場での暴力により、眼窩骨折で手術入院した件で
弁護士さんから障害等級に該当するかもしれないからと言われて、請求することになりました。
以前にもそうかもしれないなと思い、労基署に尋ねてみたのですが
「電話では何も言えないので、まずは請求してみてください」と言われていました。
正直、診断書代も結構かかるし、辛いところで・・・そのまま放っていました。

今回示談するのも目的なので、弁護士さんとしては労災認定が欲しいそうです。
障害年金とは違い、結構簡単ですね。
どうなるのか、しばらく結果を待つ状況です。

しかし、本当に面倒です。
社労士さんに頼みたいと、その都度思います。

家の相続の登記も司法書士さんに頼んだので
費用は発生しますが、役所に行くこともなくすべてやってもらい助かりました。
そういう意味で"餅は餅屋"です。

社労士に頼むことで、依頼者が助かったな~っと思ってもらえれば
費用が掛かったとしても、喜んでもらえるのだと思います。
士業の仕事とはそういうものだと思います。

そのためにも専門家と呼ばれるのにふさわしくならないといけないなと
日々精進ですね。

障害認定おりると良いなあ・・・。
やっと時間が出来ました。
仕事で忙しく、家に帰っては自分の確定申告もしないとけなくて
バタバタしていてここにもなかなかこれずにいました。

昨日、e-TAXで送信しました。
毎年電子で送るので、住基カードも持っていたのですが
結局のところ、取得率はすごく低かったですよね。

今年からはマイナンバーカードに替わり、カードリーダーに差し込んで送りましたが、マイナンバーカードの利用は他にもあるのでしょうか・・・
疑問・・・

今年は労務関係の仕事が立て込み、あまり確定申告のお手伝いが出来ませんでした。
ぎりぎりになって助成金のお話が有ったり、普段の手続きに輪をかけて忙しいです。
まだ年度末にかけても忙しいようです。
ふう~(´・_・`)

今年は、キャリアコンサルタントのジョブカードの勉強が必要となります。
あとは、年金を勉強しなきゃなあと思っています。
資格のための勉強はもうこりごりなので、産業カウンセラーの講義を聴きに行ったりと
メンタル部分の勉強もやっていきたいです。

頑張らなきゃ

あと少しで新年度です。
気持ちも新たに頑張っていきます。

受験生のみなさんも勉強は進んでいますか?
いつも春ごろには予定が上手くいかず、模試が始まるとバランスを崩していた私です。
ライバルは自分自身。
合格通知をもらう自分を想像し、頭に焼き付けてくださいね。

北野天満宮
IMG_1_convert_20170312200254.jpg

IMG_3896_convert_20170312200320.jpg IMG_3903_convert_20170312200344.jpg
梅が綺麗でした。
先週、同志社大学で有った、中央労働委員会セミナーに参加してきました。

一部 働き方改革について
同一労働同一賃金/労働契約法20条
長時間労働の是正
解雇の金銭解決制度

二部 パネルディスカッション

先週よりも活発なパネルディスカッションでなかなか有意義でした。
同一労働同一賃金はこれからどういう方向にいくのでしょうか。
労働契約法とパートタイム労働法の兼ね合いもあり
正社員と非正規社員との処遇について悩むところです。
今回のガイダンス案では、手当も同じようにしないといけないとありました。
賞与もその対象になるのかならないのか・・・。

合理的な区別なのかそうでないのかの基準も、しっかりと決めておかないといけません。
経営者にとってしんどい法改正となりそうです。

解雇についても金銭解決を第一にするのが良いのか否か。
お金よりも地位確認で復職を求める人もあるだろうとのことですが
会社と揉めてもまた同じように働けるのかと、私は心配になります。

今回電通のお話も出ましたが、以前にも電通事件はありますし
そういう制度はなかなかなくならない気もします。
でも、私たちの若い頃に比べると、今は勤務時間も短くなっているし
残業についても厳しくなっているので、何が何でも仕事一途!ってこともなくなってきてはいるのでしょう。

それでも、その仕事をしなければ他の人が取っていく。
そう思うと無理してでもやってしまう。
それが日本人だそうです。

金曜日に少し早く帰ったら
「プレミアムフライデー?」と娘に言われました。
「ありえないし・・・」と思わず真剣にイラっとしてしまい、大人げなかったかと。

娘たちも職場で
「ありえないよなぁ」って言い合っていたらしいです。

早く帰っても仕事は残るだけで
他の日に残業や休日出勤になるだけです。
サービス業ならその分、売り上げが減るだろうし・・・ありえない。

でも、いつかはそういう時代がくるのかもしれないなと思うこともあります。
今は育児休業取得率も、有給休暇の取得率も増えてきているので良い傾向にはなっているのでしょう。

仕事とは楽しくするもので、人間関係のストレスもなくなれば
社労士もいらなくなるかもしれませんね。
その日が来るまでは、頑張って労使間が上手くいくように策を練ることを頑張ろうと思います。