縁あって、とあるNPO法人に参加することになりました。
もちろんボランティアですし、今までとこれからも変わりません。
参加し始めて半年ほどになりますが、人見知りするので少しずつみんなと話せるようになってきました。

代表の方はとてもパワフルで素敵な女性です。
先日も市民講座でお話しされていたので、聴きに行ってきましたが
とても分かりやすく丁寧に、自分が今立ち上げてやっている団体のことをお話しされました。

「みんなを支援しているつもりですが、反対にみんなに支援してもらってます」
その言葉が印象的でした。

私もいつもみんなにパワーをもらっています。

そこでは社労士の知識と、カウンセラーとしてこられた方々のメンタル部分も担当します。
世の中に必要だと思ってもらえることがとても支えになります。
っていいつつも、まだ何にもできていないんですけどね。

会場が今までのところが借りられなくなったので
因幡堂(平等寺)というところを借りることになりました。
それでみんなとご挨拶に行きました。
IMG_3853_convert_20170212224034.jpg

街中にひっそりと佇んでいますが、たくさんの方が来られていて驚きです。
それほど大きいお寺ではないのですが・・・。

なぜか文鳥です。
こちらは朱印帳
IMG_3855_convert_20170212224101.jpg

可愛いので文鳥のお守りを買ってしましました。
IMG_3858_convert_20170212224128.jpg
このほかにもシナモン文鳥などもあり、4種類の文鳥お守りが置いてあります。

ご住職ともお話したのですが、そのお部屋に置いてあったのがコレ
IMG_3859_convert_20170212225429.jpg
ブスの25か条です。

一枚いただき、さっそく家に持って帰り何気に置いておくと
子供たちに反応アリ。

娘は嫌味かぁ~と言いつつ、顔のことじゃないのかと納得。
息子は読んでみて、性格ブスのことやなと一言。

読んでみれば、時折身に覚えのあることもあり
まだまだ性格ブスのようです
気をつけなきゃと反省しきりです。

人との出会いは必然だと思っています。
無駄な出会いは絶対にありません。
出会うべくして人は出会う。

何のためにその人と出会ったのかと考えると、わかってくることもあったりして
いつも必ず、出会いの大切さを感じています。

これからも、小さなことを少しずつやっていきます
労使関係セミナーに行ってきました。

以前も受けたことがあって、今回も中央労働委員会さんからの案内で参加してきました。
今回は滋賀県庁内で開催されました。
方向音痴の私は、県庁までは行けたのですが、その後、県庁の中で迷子になり、3人の方に聞きながらやっとたどり着きました

今日のお題は
職場のセクハラ・パワハラ
~ハラスメント法概論と凡例の傾向~

講師は同志社大学教授 吉川英一郎先生
以前にも同志社大学でのセミナーを聞きに行ったことがあり、わかりやすくて良かったです。
今回もどんどん進められて、途中でついていけなくなりそうでした。

偶然、前の事務所で一緒だった友達社労士さんも来られていて
有意義な半日でした。

二部構成で、その後はパネルディスカッションとなっているのですが
私はあまり好きではありません。
それよりも講義を受けたいタイプです。

セクハラ、パワハラ、マタハラ、アカハラと最近いろいろなハラスメントが勃発します。
事業主さんて本当に大変だなってことを改めて思いました。

セクハラとかでも、被害者が加害者を訴えるだけでなく
被害者が雇用者に使用者責任・配慮義務違反・労働契約違反等で訴えるそうです。
判例集をいただきましたが、被害者と加害者よりも被害者と雇用者の多いこと・・・。
めちゃくちゃ驚きです。

雇用者が自分は悪いことしていないとしても
職場内でハラスメントがあった場合は、訴えられる可能性は十分にあるということです。
怖いですね・・・

判例についてのお話もありましたが、一審から最高裁までで一転二転することも多く
裁判の大変さを感じます。
儲かるのは弁護士さんだけ。

社内恋愛とセクハラの違いは?という質問に
職場の相談係が従業員へのアドバイスとしての一言が強烈に印象的でした。

「社内恋愛とセクハラの違いは誰にも分らない。
別れることになり腹立ちまぎれに、セクハラだと訴えられても
二人の関係がセクハラでないということを立証することは大変難しい。
付き合っていると思い込んでいただけかもしれないし、
本当のことはわからないから。
だから必ず従業員に伝えてください。
社内恋愛はリスクが高いということを。
上手くいかなかったらセクハラで訴えられる可能性もあるということを知って付き合ってくださいと。」

なるほどねぇ・・・。
職場恋愛OR不倫の代償は大きいってことですね。

特定社労士になるための勉強時に判例集を買いましたが
そういえばどこかに置いたきりで読んでもいなかったようです。
今日いただいた吉川先生のたくさんの著書の中からの判例の抜粋が充実していました。
時間を作って読んでおこうと思います。

来週は、同一労働同一賃金等のセミナーがあります。
楽しみです。
一年に一回の成年後見人更新研修がありました。
朝から夕方まで6時間びっしりです。

養成講座を受けたのが去年ですからもう1年。
見事に忘れています。

少し前に顧問先さんの方に、患者さんの成年後見人を付けたいのだけれどと、
問い合わせがありましたが上手く断った感じでした。
本当なら私がやります!とか社労士会で受けたいです!とかいうべきでした。
正直、面倒だしなぁって気持ちがないとは言えません。
反省です。

今回の研修でも、親族後見よりも第三者後見の方が増えているとのことでした。
一人住まいのお年寄りも増えているので、成年後見人は必要だと思います。

午前中は司法書士さんのお話をたっぷりと聞きました。
専門職と言われるのは、弁護士・司法書士・社会福祉士だそうで、それ以外の士業は専門職とはならないとのこと。
税理士さんも参加されていますが、イマイチのようです。
それに加えて、最近は行政書士さんの参加が顕著で、すごく頑張ってられるとのこと。
社労士はなかなか難しいようです。

京都では今まで3回の養成講座があり、計100人超の方々が受けられているのですが
今回来られたのは60人ほどでした。

登録してもなかなか後見人になるまでのハードルが高いようです。
昼からは実際に後見人になられている社労士さんのお話と
地域で社労士の認知度を上げるために奮闘されている先生方のお話でした。

午前中の司法書士先生もおっしゃっていましたが
法定後見人としては社労士は無理だろうから、任意後見人のほうを頑張ってはどうかと。
確かに裁判所が後見人を選ぶのですが、先ずは専門職と呼ばれる士業の方々を選ばれるのでしょう。
もっとニーズがあるのかと思っていましたが、そうではないと知り驚きです。
実際に成年後見人を付けた方が良い方々も多いのに・・・。

でもよくよく考えてみると、成年後見人がなぜ必要となったのでしょう。
昔は禁治産と言ったそうです。
まったくそういう制度がなかったわけではないのでしょうが
今ほど、一人暮らしの方々が多くはなかったのではないでしょうか。

お年寄りがいても、その財産を守る子供が同居していて
騙すような人が来ても追い払えました。
でも今は、お年寄りを騙してお金をとろうとする人が来ても、誰も守ってくれる人がいません。
施設に入ることになっても、契約してくれる人いなかったり
その費用の管理をする人もいない・・・。

悲しい気持ちになります。

そもそも、自分の父がアルツハイマー型認知症と診断されて
この先どうしたらいいのだろうと思い、
成年後見人になるためにはどうしたらいいのだろうと養成講座を受けたのですが
我が家のように母がいて、私たち家族が同居している場合は、必要ありませんでした。

独りっきりの方の場合は、成年後見人がお葬式をあげて斎場まで行き
お骨を一人で拾ってお寺に預ける…というところまでされたようです。
でないと、誰もしてくれる人がないからだそうですが
なんだかとっても寂しい。。。

実際に子供に障害があって、親が死んだ後のことを憂い
成年後見を付けるというのはよくあるのですが、
核家族になることで、お年寄りを守るために成年後見人が必要になるというのは
世の中の常とはいえ、ちょっと寂しい気持ちになります。

認知症が増えていくことでこれからももっと必要になるのでしょうが・・・。

成年後見人制度について考えるときに
いつも私は気持ちが暗くなります。
私だけかなぁ・・・。

この日は、とても雪が良く降っている日でした。

二条城 北大手門
IMG_3851_convert_20170210231753.jpg
以前も書いたことがあるのですが、年金事務所との間で「別送届」いうのがあります。
初めて知ったのが東京の某年金事務所から連絡があったときですから
ほんの1年ほど前のことです。

電子申請でデータを送っても、対象となる従業員さんの名前が
電子に対応していない"髙"や"﨑"だったりする場合に、
関西ではその人のみ、用紙での決定通知書が事務所に届きます。

ところが東京ではすべて事業所に届きます。
提出代行の証明書を添付し、電子署名を付けているにも関わらず
電子申請側の理由でその字が対応していないからというので、事業所に決定通知書が送られます。
算定基礎や月額変更や賞与の時がその対象となります。

おかしいですよね。
何のための電子証明書?
何のための提出代行?

その時も随分と年金事務所に対して奮闘しましたが、「東京の決まり事です」の一点張りでした。
事務所への決定通知書発送を希望するなら、年金事務所あてに”別送届”を提出しないといけないのです。
東京ではそれが周知されているのです。

それが、なんと京都にも飛び火したようです

少し前に開業社労士の元に別送届の用紙が届きました。
算定・賞与・月変の決定通知書を事務所に届けてほしい時は
付箋やメモ書きではなく、正式に別送届を提出するようにとのことでした。
新規の資格取得届については今までどおりで、メモ書きでも事務所に送ってくれるそうです。

驚いて事務センターに問い合わせましたが
今のところ東京のように電子申請の場合まで対象とはならないようで
電子申請の場合は、メモ書きも別送届も必要なく決定通知書は事務所に送ってくれます。
ただ、いつかは東京のようになるかもしれないとのこと。。。。

納得いかない・・・。

東京の場合、賞与支払届は顧問先さんが出され、算定や月変などは事務所でする場合
別送届を出してしまうと、先方が提出された賞与支払届の決定通知書まで事務所に届きました。
なんだかなあ・・・って感じです。

年金事務所への電子申請の場合、すべての書類が電子署名が必要です。
それも一つずつ付けないといけないのでめちゃくちゃ面倒です。
電子申請することで処理が煩雑になったり、決定通知書が遅れるなんて変な話です。

それに比べて雇用保険関係の処理の早いこと!
朝に送った離職票が昼過ぎ、もしくは夕方には返ってきます。
簡略化を目指しているとのことで、必要書類も最小限になったり郵送ではなくPDFで良かったりと
とても考慮されています。

年金事務所の管轄は時代に逆行していて、とても残念

電子申請ってどれくらいの方が利用されているのでしょうか。
上手に使えばとても便利です。
ソフトがなくても出来ますし、郵送料がかからないのは何より素晴らしいことです。

そのためにも行政はもう少し考えてほしいと思うのです。
行政への意見交換募集の際には、いつも要望を出すのですが
電子については中々・・・です。

電子申請を上手に利用して手続きに時間がかからないようにし、
顧客への気配り対応に対して時間を取れるようでありたいと思うのが
私の意見デス。。。

ちょっと過激な別送届反対派でした
昨日は支部研究会がありました。
本年度もあと一回で終わりです。
以前は毎月あったのですが回数が減ってしまって、物足りなく思います。

夏過ぎからいつも使っていたホテルが改装のため使えなくなり
御所の向かいにあるホテルで行われています。
私としては今のホテルは行くのにも帰るのにも不便なので
元に戻してほしいのですが、どうなることやら・・・

参加することで勉強になることが多く、知らない情報を教えていただいたり、
自分が困っていることを相談してアドバイスもらったりと
とても有意義な夜になっています。

今年から給与支払報告書を紙で出す場合には
個人事業主だとマイナンバーの確認書類が必要になり
マイナンバー通知カードともう一つ本人確認の出来るものが必要とのこと。

実際どれだけの先が出されているのでしょうか?
市区町村もそれを求めないところがほとんどですが、
「番号法の決まりなので」とあくまでも確認書類を求めてくる市区町村があり困っています。

支払調書でもマイナンバーを拒否する方が多いです。
実際に、マイナンバーの扱いが煩雑であるにも関わらず
拒否した人へのペナルティがないとはおかしな話です。

印字してあるマイナンバーの確認書類が必須で求められるなら
書くのを辞めようかとなっても、仕方がないのでは?
マイナンバーがあることで扱いがややこしいなら、マイナンバーを書かなければややこしくない。
おかしな話です。

研究会ではほかに、年金加入10年での受給が始まるとのことで
こちらも色々と新情報を聞きました。

年金マスターの先生方はほんとうによくご存知です。
私も勉強すべきかと思う反面、もう今更いいや・・・って気持ちも大きくて・・・
年金は国民みんなが対象になるので、勉強するに越したことはないのですけどね。

最近忙しくて月間社労士も読めていません。
旬の情報を入れないといけないので、少し反省しています。

いつまで経っても勉強ですね
年金は奥が深いです・・・。
今日は大阪でした。
IMG_3827_convert_20170129214612.jpg

iDE社労士塾のセミナー&合格祝賀会&新年会参加です。
セミナーは岩崎先生の"同一労働同一賃金の基礎知識と社会保険労務士の役割"
これからは特別条項の36協定を交わしても残業時間の制限が入るだろうし
いろんな意味でも規制が厳しくなってくるだろうとのことでした。

ぼ~~っとしていたら、労基署にガッツーンといかれますね。
注意しないといけません。
法改正をしっかりと見ていないと危ないことになりそうです。

でも毎回思うのは合格していて良かったということです。
もうすでに知識の劣化が半分以上ですから、年々ややこしくなっていく情勢に受験生なら絶対についていけないと思うからです。
今年の合格者も少なかったのですが、それでも難関を突破した方々は素晴らしいと思います。

IMG_3828_convert_20170129214635.jpg

その後に始まった合格祝賀会&新年会では、顔見知りの方々がいっぱいでとてもリラックスしました。
久々に関口先生とお話をしました。
やっぱり優しくて素敵な先生です。
通信だったので関口先生の年金を受ける機会がなかったことはとても残念です。

もちろん、井出先生と写真を撮ってもらいました
どんな時もニコニコされて嫌な顔をされません。
誰かにとって特別でもなく、みんなにやさしい先生です。

その後はクイズゲームがありました。
IMG_3835_convert_20170129214712.jpg

12_convert_20170129220702.jpg

塾のテキスト10冊が欲しかったなあ~
テキストと過去問など一式で7キロ分をもらった人がいました。
羨ましい~

iDE社労士塾はやっぱり素晴らしいと思います。
予備校を変えて良かったなと思います。
法改正セミナーが一年に一回、塾長の講義が受けられて
時折、その他のセミナーも受けられて、こういったイベントもあっていつまでも繋がっていられる。

一緒に頑張っていた友達たちとも会えるし、また新しい出会いもあり
満喫して帰ってきました。

最後になりましたが、同じライターだった青空さんが合格です。
オフ会では来年頑張るよ~っておっしゃっていたのに、救済もなく合格でした。
ほんとうに喜ばしいことです。

合格された皆様、本当におめでとうございます
毎年のことながら、1月は大変忙しく
それに加えて、父の行事が入ったりして忙しさに追われています。
ただ一つ救われているのは、受験勉強をしなくても良いことかなぁ
去年の今頃は大変でした・・・。

産業カウンセラー試験を受けられた方はいかがでしたか?
学科はすでに終了されていて、実技で終了となりますね。
実技免除の方は、すでにほっこりされているのではないでしょうか。

受験された方は2月の結果発表を楽しみにしていますね。

さてさて、私はこの数日ちょっといろいろとあり
凹みまくっております
やはりこういう仕事は向いていないのかと、改めて感じている次第です。

やっとアップする元気が出てきたって感じでしょうか・・・。
ここでは詳しく書けないので、リアル友達の方はお会いした時にでもきいてやってください

明日は大阪でiDE社労士塾の法改正セミナーと合格祝賀会&新年会です。
大好きな井出先生のお顔を拝顔し、元気パワーをもらってきます。

出席予定の方々、どうぞよろしくお願いいたします。
仕事で東京へ行ってきました。

何度も書いていますが、恐ろしいほどの方向音痴です。
トイレに行ったら、どっちに出るのかわからなくなるほどのレベルです。
それでも、この10年で年金事務所やハローワークへ行くことが増えて、一人でいろんなところに行けるようになりました。

スマホのおかげも半分以上あるのですが・・・

行きのJRで前の事務所の女性と偶然席が向かいになり
「縁だよね~~~」とlineの交換を始めました。
最近こういう機会が増えてほんとうに驚きます。

人と人とのご縁は宝物ですね。

でも「はるさんがひとりで東京???信じられない!」ってまた言われたし・・・
ほんとに京都駅でさえわからなかったんですよね・・・。
それがなんとなんと、一人で東京です。

社労士の勉強をしだしてide塾に替わってから、大阪に行くことが多くなり
その次は東京にまで進出出来ました
たくさんの友達が出来て、東京に行くのがとっても楽しみになっています。

これも一つのご縁です。

東京の友達の社労士さんに、以前ブログに書いていた別送届のことを聞きました。
電子で届け出処理していても、文字が電子申請に対応していない場合
例えば「髙」という字などは決定通知書を公文書で返送できないため、用紙での発送となります。
京都であれば、用紙が事務所に送られてきます。

ところが東京は、わざわざ「別送届」を出さないと、すべての書類は事業所に届きます。
そして顧問先さんに事務所宛に郵送してもらうか、取りに行くかしないといけません。
めちゃくちゃ面倒です。

提出代行の意味がない・・・。
いろいろと地域制があるんですね。

今回、年金事務所でついでに別送届の用紙をいただきましたが
算定基礎の場合は、また別の別送届を出さないといけないとのことでした

今回は東京だったけど、北海道とかに顧問先があって
助成金の申請でどうしても行かないといけなかったりしたら
とっても嬉しいかもな~~~なんて

実際は北海道なんてありえないですけどね。

新幹線から見た富士山がとっても綺麗でした。
IMG_3787_convert_20170124223004.jpg
仕事が半端なく忙しく、例年になく仕事の進捗度合いが遅れています。
焦る・・・
ってことでなかなか更新が出来ず、もやもやしておりました。

実は先日めちゃくちゃ驚いたことがありました。

助成金の申請に行った時のことです。
元々助成金は苦手で、お電話での問い合わせなどでも助成金センターの方々にはお世話になっておりました。
助成金も簡単なものもありますが、結構面倒なものもあり、
おまけに地域によっても許容範囲で許されるものと、絶対にダメなものが違っていたりするので右往左往しております。

その日もドキドキしながら行きました。
-----いつも年配の方が多いのに今回は若いなあ-----
と思いつつ書類を渡し、少し遅れて名刺を渡しました。

するとその方が「え?」って顔をされてジッと顔を見つめられました。
「〇〇会社の?」と独身の頃勤めていた会社の名前を突然言われ、私も「はあ?」って・・・。
担当の人の名札を改めてみてみたら、な、ななんとお友達だった元経理マンです

めちゃくちゃびっくりしましたよ~~~

「昨日、寒中見舞い届いてたわ。お父さん亡くなったんやね」と言われ、
「懐かしいわ、その声。変わってないね」ととても懐かしくて…泣きそうでした。

会社を辞めてからも、同僚や後輩たちと1年に一回は会っていたのですが
そのうちに忙しくなり、会う回数も減り、そういえばもう十年ほど会っていませんでした。
「一度仕事で事務所に電話したことあると思う。もしかしてって思ったけど、まさか社労士になっていたとは・・・」と驚かれました。

でも私だって、会社で経理をしていた彼が今やそんな固い仕事をしているとは驚きです。
私たちが出会った会社は今はもうありません。
本当にみんなが仲良くて、一緒によく遊びに行ったものです。
私の青春時代でした・・・。

年賀状ではいつも連絡を取り合ってはいても
こうして実際に偶然会えることに、お互い「縁があるよねぇ」って言いあいました。
その日は窓口当番ではなく、たまたま混雑してきたので出てきてくれたそうです。

人と人とのご縁とは本当に不思議なもので
どこかで必ず繋がっているのだと思います。
出会える人とは必ずご縁がある。

そう思うと、今の出会いも大切ですね。

たまたま、社労士の勉強をしたことで出会った友達
たまたま、ブログを始めたことで出会った友達

誰かと出会ったことでその次の出会いが生まれる。
私を介してまた次の出会いがあるのも嬉しいことです。

来週はiDE社労士塾の祝賀会&新年会です。
最短最速ライターとして出会ったお友達も祝賀会に出席されます。
本当に喜ばしいことで心から嬉しく思います。

受験生のお友達たちが全員、合格しサクラ咲かせてもらえるのを楽しみにしています。
ご縁があって出会ったのですからこれからもずっとお友達でいてください。

そしてまた、
どこかで偶然会えるかもしれませんね。
人生ってなかなか素敵なものです。

私は遅咲きでしたが皆さんのおかげで今とっても楽しいです。
毎日がとっても忙しくて、ブログの更新もママならず
やっと本日、疑問に思うことがあるので書かせていただきます。

父の年金の振り込みは10月に有ったきりで、入金の口座が凍結し止まっています。
10月分から12月分までの入金が未支給年金になるのですが
この分はすでに母の口座への振り込み手続きは1ヵ月前に済んでいますが、一向に振り込まれない。

年金事務所に問い合わせをしたようですが、入金は2月になるとのことでした。
実際には半年ほど、年金の振り込みがないってことになります。
我が家は私たちと一緒に住んでいるので、すぐに何かに困ることはないのですが
老夫婦だけで、家の家賃とか払っていたらどうなるんでしょうか・・・。

それに加えて、入っていた父の施設の支払いも請求が来るわけで
どうやって支払うの?って感じです。

一番おかしいって思ったのは
葬儀費用がそのあとのお逮夜を含めた支払すべてクレジットカードが使えないこと。
四十九日の法要費用も終わったらすぐに支払いです。

父の死因は肺炎でした。
たまたま、数か月前から父がよく肺炎になると連絡があったので
母がもしものためにと、手元に少しお金をおろしておりました。
それでなんとか今のところ工面しているところです。

我が家はお金持ちではないので、何十万となると大金です。
お墓も買うとなると、何百万とかになってくるわけですが
この費用さえ銀行が口座を止めてしまうので出すことが出来なくなります。

なのに年金の振り込みが半年ほどないなんて、信じられない状況です。
これっておかしくないでしょうかぁ

銀行もある程度のお金は出せるようにすべきだし
年金も未支給年金の支払いはもっと早くにすべきじゃないでしょうか。

我が家も今のところ夫婦で働いているのでなんとか過ごしていますが
ダンナの退職金で家のローンを完済予定になるため
老後は貯蓄ゼロからのスタートです

明日は我が身・・・めっちゃ不安です

すみません、
以上、愚痴でした
先日、社労士会の賀詞交歓会がありました。
前回参加したのは社労士制度45周年記念の年ですから、しばらくご無沙汰しておりました。
今回は思うところあって、私にとっては高額な会費を払っての参加です。

知事や市長他、衆議院議員、参議院議員の方々
行政の偉いさん方と、来賓の方々の方が多いのでは?と思うほどでした。

相変わらず、前原誠司氏は素敵です
同じ世代とは思えない・・・。

行政の方々のご挨拶を聞いていて、雇用情勢が回復しているようですね。
人手不足だというお話もありましたが、それは介護などの福祉関係が顕著らしく、まだまだ業種によって差はある気がします。

社労士は政治連盟の加入率が高いようです。
京都は会長である、堀谷先生がいらっしゃるので、ひときわ政界の方々との関係も密な気がします。
政連に加入することに、初めの頃は納得いかない気持ちもありましたが
雇用の改善という意味で、社労士として必要な法案を通してもらうことも考えると
政界の方々との関係も、良好であるに越したことはないのではないかと思ったりもします。

でも個人的には政治には興味がなく、政治家は苦手ですが
時折、こういう場に顔出しするのも良いのかもしれません。
でも気持ち的に、毎年はしんどいです。

次は50周年です。
合格発表が年末だったので、年明けまで待っての申請となりました。
入力フォームから入力し、データを送った後出力し
9千円の収入印紙を貼って、簡易書留で発送です。

中に入れる書類としては、住民票も必要になり
休日でも発行してくれるところで取ってきました。

その後、審査があり、連絡が入れば手数料を払って登録終了となるようです。
手続きは産業カウンセラーのほうが簡単でした。
やっぱり国家資格だからでしょうか、ちょっと面倒でした。

住民票を取って気づいたのですが、私の本名は少し漢字が違います。
すでに書類がすべて出来上がっていたので、とりあえず送ってみましたが
再提出になる可能性も大・・・

名前って、違っているととっても面倒です。
社会保険の取得時も電子申請だと「髙」も「﨑」も使えません。
これって普段から使う文字なのに、電子申請時にはエラーになります。
マンション名にある、アラビア数字も使えませんし

私の名前を付けてくれたのは、今はもういない祖父ですが
存命中に名前の漢字のことを聞いたことがあります。
はっきりと祖父は「そんな漢字は使っていない」と言いましたので
役所の方の字の書くときの癖なのではないでしょうか。
一度改名してもらえるのか、区役所に行ってみようと思います。

思えば産業カウンセラーも4月に登録しましたが
その後、何の講座にも参加していないので、このままでは5年後の更新は出来ないようです。
それまでの間に有料講座に参加し、ポイントを集めないといけないようです。
・・・そんなことも知らなかった私です

どんな資格でも取っただけでは、どんどん忘れていき、使えない"死格"になってしまいます。
社労士も同じですね。
会費を払って社労士会に入っていれば、研修会の案内もありますが
登録されていない場合は、知識が薄れていかないように、知識担保が必要です。
そういう意味ではiDE社労士塾はOB会に入れば、法改正講座や個別の講座があるので素晴らしいと思います。

年一回の法改正講座では井出先生にお会いできるし最高です

そういえば成年後見人の担保研修も2月に予定がありました
もうすっかり忘れてます・・・。

キャリアコンサルタントの資格もせっかく手に入れたので、ただのお飾りにならないように活かさないといけませんね。
今年は資格を少しでも活かせる年にしたいものです。
身体の体内時計が狂ってしまうほど、よく寝たお休み期間に影響され
いつもの出勤時間に起きられなかった私・・・

それでも何とか暗いうちに起きました
今日から仕事です。

まだ年末調整も残っているのですが、身体と頭がついて行かない・・・。
そんな状況ですが、なんとか頑張ります

去年の年末父が亡くなり、年賀状を出せなかったのですが
喪中葉書も作成できる時間がなく、いつも通りに友達からいただいた年賀状がとても嬉しかった
自分が出さなくても、こうして出そうと思ってもらえる年賀状。
とてもありがたく思えます。

1年に一回だけでも便りがあると、元気でいることがわかり安心します。
家族の写真やペットの写真もほのぼのしていいなあ~
今年は酉年で、12年前は家のペット全員の写真をはがきに載せたよな~ぁと懐かしく思えました。

もう12年も経ったのかぁ・・・とそれにも驚き。

新年のご挨拶って喪中の人はどうしたら良いのかと
ふと、立ち止まります。

仕事では新年のご挨拶をするのですが、先方に不幸がなければいつもどおり
「あけましておめでとうございます」って言わなきゃならない。
別に、言いたくないわけではないので、良いのですが
とにかく挨拶が苦手な人なので、出来れば普通でスルーしたい気分です。
毎年、10日くらいまでは近所の人にも会いたくない心境です。

挨拶苦手~~~

そうこうしている間に、またもや3連休ですね。
昨日テレビでやっていたのですが、今年は土曜日に祭日が重なるのが4日もあるらしく
週休二日制の人はその分お休みが減るようです。

インタビューで、ダンナさんとか子供さんは「とても残念」と言っていましたが
奥さんは「ラッキーです。少しでもダンナには仕事に行っていて欲しい」とおっしゃってました。
ううう・・・これ実感かも。

息子は飲食業なのでお休みはとても少ないです。
有給もほとんど使えません。
それを思うと、私はお休みが多い方です。

感謝しなきゃ・・・。

そうそう、息子のお店には有名人がよく来るそうです。
昨日も、芸能人が来られて写メを送ってくれました。
京都ではなかなか芸能人を見ることがないので、結構反応します。

めっちゃミーハー ← 死語?

さあ、今年も仕事を頑張ります。
みなさまも頑張ってくださいね

この1年、良い年でありますように

受験生のみなさん!
今年の合格目指して頑張っていきましょうね
年が明けました。
新しい一年がスタートです。

今年は社労士だけでなく、他の資格を使って何かをチャレンジしたいと思っています。
といいつつも何ができるのかわかりませんが、
新しく何かをチャレンジしたいと思っています。

元々、人見知りで出不精なところがあるので
知らないところには行かないし、新しいことにチャレンジするのは苦手です。
でも、今年は違う自分でいたいと思います。

もちろん仕事はしっかりとやっていかないといけませんし
そのための勉強も必要です。
そうなると自分への投資も必要になってきます。
めげないで頑張ります。

皆様にとっても素晴らしい1年になりますように
今年もよろしくお願いいたします。
今年もあと一日となりました。

今日は私の〇回目の誕生日でした。
もうこの歳になるといくつになるのかわからない
最近は子供の歳をきいて生んだ歳を足すということになってます。。。

今日は父のお墓を見に行きました。
両親と私は名字が違うので、将来のことを考えて
結局樹木葬という簡単なお墓に決まりました。

私も自分の分を購入しておこうかと思い、悩んでいます。
子供にお墓のことで負担に感じさせたくないのです。
聞くところによると、そういう方が今は多いそうで、樹木葬が人気のようです。

喪中はがきも多くなっていますので、そういう年代なんでしょうね。

仕事が忙しい中、この12月はいろんなことを決めないといけなくて大忙しでした。
それでも、元気で年末を迎えられることはありがたいと思っています。

ペットが二羽も亡くなったり、父の死があった28年でしたが
誰しもが越えていかないといけないことなのですよね。

生きているといろんなことがあります。
仕事の不満があるかと思えば、仕事のやりがいも感じたり
人間関係が嫌な時も、友達に癒されて人の良さを感じることもあります。
プラスとマイナスがあってうまくいくのではないでしょうか。

同じ一日を過ごすなら、ネガティブになって、いつもだめだと落ち込むよりは
そんなときもあるわと開き直って、楽しいことを探すのも一つです。

また、来年も落ち込んだらココに書き込み愚痴をこぼし
気持ちを入れ替えて頑張っていこうと思います。

こんな私ですが、なにとぞ来年もよろしくお願いいたします。

一日早いですが、今日で今年の更新は終わりにします。
お忙しい中、ここに来ていただきコメントを残してくださる方には、心よりお礼を申し上げます。
いつもその言葉に支えられてきました。
独りじゃないと思えることは何よりも幸せです。

ありがとうございました

皆様も良いお年をお迎えください。
仕事納めの一日前に、キャリアコンサルタント試験の合格発表がありました。
HPで受験番号を確認したのですが、見つからず・・・・
1回目の試験の時にも、同じ顧問先さんへ向かう地下鉄の中で番号を確認しました。

学科試験は合格したけど、実技試験には何度探しても番号がなかった前回。
持ち時間を5分以上も残してしまったことでパニックになり、
不合格かもなって思いつつも期待していたので結構へこみました。

ジンクスを破るべく、今回はそれ以上は深追いしないことにしました。
受験番号の中にある「O オー」と「0 ゼロ」が分からなくて、見つけられませんでした。

この前の実技試験中、相談者役の方との実技面接をしている時に
「私はなんどやっても無理かもしれない。同じようにしか対応できない。」と思ってしまってました。
この私の対応を評価してもらえないとしたら、次受けてもきっと同じで合格できないだろうし
もう不合格でも受けないでおこうと、家族にも言っていました。

学科試験なら、勉強すればできるようになりますが、実技ばかりはどうしようもありません。
長期の実技講座を受けていない私は、これ以上どんな対応をして話をすればいいのかわからない。
私の性格も変えられないし、持って生まれた感情的な喜怒哀楽が激しいところも直らない。
だから自分が出来ないことが歯がゆくてどうしようもありませんでした。

面接試験って胃に悪いです。

今回の結果は、精神的に大きな意味がありました。
それなのに27日発送とのことなのに、28日も届かないし
29日もやっと届いたのは、仕事に行っていた夕方でした。

結果はどこを見ればいいのかわからないほど、見るのに時間がかかりました。
めちゃくちゃドキドキ

実技 論述 A 
面接 (態度A ・ 展開B ・ 自己評価A) 合格

やったあ~~~
がやっと咲きました。

でも前回に続いて、展開がB評価。。。

1回目の試験で、産業カウンセラー時代から一緒だった友達が合格し
「もうやめようかなあ」って思っていた私に
「やめようかなって思っているかと思って・・・」と自分が勉強した実技試験のテキストをくれました。
もし、その時に諦めていたら合格は出来なかったですよね。

今回もネガティブな性格なので、もうやめようって思ってました。
やっぱり大事なことは、”続ける”ってことなんですね。
「不合格の三文字を合格の二文字にする!」
そのために、またブルーになりそうな受験生としての日々が続くとしても頑張るしかない。
それって結構辛かったんですよねぇ・・・。

仕事をする上で社労士が必要であり、
社労士として仕事をする上で特定社労士になれば、仕事の範囲が広がると受験しました。
そして、産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格が、社労士にとってより役に立つことを知り、再び勉強を始めました。
思えばこの4年は社労士後の学習の年でもありました。

「願い事が叶うからやってみて」と友達が送ってくれたスマホの待ち受けをいつも見ては
願掛けしたいくつもの神社のお守りを多数持って歩き
願い事の叶うという念珠を持って試験に臨むなど
今回の実技試験についてはゲンを担ぎ、良いと言われることはみんなしました。

でも、それもこれでやっと終わりです。
勉強が嫌いなので、もうやりたくない
ゆっくりと映画を観に行ったり、好きな本を読んだりして過ごしたいです。

応援いただき、ほんとうにありがとうございました。
心よりお礼を申し上げます
毎年、28日が最終です。
昼からは大掃除をし、夜には事務所の忘年会。
そして私はそのあと、高校時代のブラスバンド部のOB会忘年会へ参加です。
これもまた、例年行事。

OB忘年会はもう20年以上も続いています。
先輩の和食のお店に、顧問の先生が在籍されていた期間の元学生が自由に集います。
私なんて6歳も下だったりして、ここで知り合った後輩もいたり・・・

3年ほど前からこのメンバーで演奏会活動をしています。
来年の秋には会場を借りての演奏会予定。
私も一時は参加しようと思ったのですが、結局不参加に。。。

私の学年は男性が多いのですが、上も下も女性が多くて
女って、なんだかとってもめんどくさ~~~い
ってことで今のところ不参加なんですが、一番の理由は楽器がないこと。

高校時代はクラリネットをやっていたのですが、実はフルートがやりたかったのです。
クラリネットは学校の借り物でしたが、どうしてもフルートがやりたくて購入しました。
卒業してから個人レッスンに通っていたほどのフルート好き。

ブラバンのメンバーでいうと私はクラリネットになるのです。
でもクラリネットはもう吹きたくない。
フルートで参加出来ればいいのですが、なかなかそうもいかず。。。
今のところ、忘年会だけの参加になっています。

それはそれで気楽で楽しいですが、ちょっと寂しい部分もあり
またこれはゆっくりと考えようかと思っています。

事務所も、年末調整の納付書作成が思うように進まず
ギリギリまで計算をやっていました。
あとは年始へ持ち越しです。

毎年、年末調整って無くなればいいのになって思います。
今年はマイナンバーの影響か進捗状況が悪かったと思います。
事務所では12月中に支払調書まで作成するので、
こちらもマイナンバー収集のために時間を取り、奮闘しました。

事務所のメンバーも年々増えていくので喜ばしいことです。
顧問先さんあっての事務所。
その気持ちを時として忘れそうになることもありますが
気持ちも新たに、また来年も頑張っていこうと思います。

社労士業務も法改正が多い年になるので、しっかり勉強しなきゃなぁ・・・

仕事納めの方、お疲れ様でした。
年末調整真っ只中です。。。
今年は25日支払いのところは祭日と土日を挟むので、銀行への3営業日前となるとめちゃくちゃキツイ
おまけに年末調整の計算もかけるとなると、いじめとしか思えない日程

みなさ~ん、頑張ってられますかぁ~

マイナンバーのおかげで、印字するのかしないのか
アスタリスクにするのかしないのか
めんどくさい・・・ったく

第九が終わるまではとても忙しくて、やっと時間が空きそうだと思っていたら
父が亡くなって、49日まではバタバタしてます。
ふと気づくと、ふるさと納税を忘れていることに。

慌ててネットで検索し、お城好きの私にピッタリの
和歌山城近くのホテル宿泊券をもらうべく、寄付をしました。

IMG_3650_convert_20161216223304.jpg
さっそく届いたお礼の品
封筒の中いっぱいにいろんなものが入っていました。
観光のためのガイドブックやチラシです。
見ているだけでとても楽しい

おまけに後日届いた、寄付の証明書には、和歌山城の特別入場券が!

IMG_3654_convert_20161216223329.jpg
最高!

6ヵ月以内という有効期限があるのですが、とっても楽しみです。
以前和歌山に行ったときは、息子の大会を見に行った時でしたので
とんぼ返りで、どこも観光できませんでした。

仕事が一段落ついたら、行ってきます。

ふるさと納税で、寄付金控除を受けて所得税と住民税が安くなります。
自治体は活性化します。
いい制度だと思うのですが、最近は大人気なので行き過ぎかもなあって思うことも。

いつか無くなる気がしたり・・・

税金払うよりも、おいしいものを食べたり遊んだりと、
楽しむほうがずっと良いと思うのですが
みなさんはふるさと納税されていますか?


今朝は寒かったです。
雪が降りました。
風邪をひかないように頑張っていきましょう~

明日も仕事頑張ります
父の手続きで残っている相続。
これがまためっちゃ面倒

車はすでに名義を無くしているので、残っているのは家と預金ぐらい。
預金てほんとにちょっとしか残っていないのに、二日ほどしたら凍結されてました。
どこからそんな情報がはいるのでしょうか・・・。

葬儀費用がいるので、お通夜の日に少しおろしたのですが
それで止まってしまいました。
死亡診断書を出したからと言って、個人情報なので漏えいしないはず。
噂に聞くと、銀行でそういうのを確認する部署があるとか・・・。
葬儀屋さんに確認するのでしょうか。

相続では家の名義に父の分が入っているので、そちらを変更しないといけません。
幸い、事務所でいつもお世話になっている司法書士の先生がいらっしゃるので、お願いしました。
今の家を買った時にも、その先生に手続きをしていただきました。

また住民票の除票や戸籍謄本を取ったりしないけないのですが
すべて司法書士の先生のほうで取っていただけることになりました。
費用は発生しますが、やはりプロに任すのが一番です。

餅は餅屋と言いますよね。

人が亡くなったら、社労士と司法書士と税理士が活躍するのですね。
今回の件で、あらためて感じました。
私は恵まれています。

世の中には知らないことで損することがいっぱいあります。
行政もお金をとる場合は連絡してきますが
還付される場合や、手続きしないと損する場合には何も言ってきてくれません。

そういう意味でも士業というのは人の役に立つのでしょう。
少しだけ仕事にやりがいを感じました。

仕事も年末調整が忙しく、繁忙期に入っています。
同じようにお仕事されている方もお疲れ様です。
頑張って年末まで乗り切りましょう。
父が亡くなりました。
予てから病気入院中だったので、心の準備もあり
これで楽になったのだと思う気持ちもありました。

バタバタとお通夜と葬儀を終えて、今日は手続きに行きました。
母だけでは心もとないし、字を書きたくないと言うので一緒に行ったのですが
本当にローカルな手続きに呆れかえりました。

まず、区役所では、後期高齢者の保険証を返します。
その後、介護保険証は福祉事務所へ返却。
なんで一緒じゃないの?と不満に思いました。

それからまた区役所の別のところで葬祭費の支給申請。
これは勉強で習いましたね、5万円を支給してくれます。
(葬儀を行った証明として、礼状はがきでOKでした)

ここまでで何度も父の名前と母の名前を書き、住所を何度も記入し疲れ果てました。
でもまだまだ続きます。

年金の手続きのために必要な書類の申請です。
戸籍謄本・住民票・所得証明書を取りました。
他の手続きのために印鑑登録もしました。
これだけで1時間です

母の関係
戸籍謄本
住民票(世帯全員が載っていて内容の省略していないもの)
所得証明書
入金の通帳
認め印
自分を証明できるもの(マイナンバーカード等)
年金番号のわかるもの

父の関係
住民票の除票
年金証書
年金手帳
死亡診断書のコピー

以上で出来ました。
もちろん、書類はいっぱい書きました。
遺族給付裁定請求書
未支給年金請求書
何度も書いているうちに、自分の名前を書きかけたり
母と父の生年月日が分からなくなったり
死亡日がいつかもわからなくなったりと
用紙一つを書くのにもへとへと・・・

年金事務所の人もとても親切に教えてくださいました。
私がいつも行くのは"適用"なので、知っている先生にはお会いすることがなかったのは幸いでした
顧問先さんの手続きをすることもあまりないので、言い方は良くないかもしれませんが
良い経験をさせてもらったと思っています。

相続人である、母がいたので委任状もいらなかったし
事がスムーズに進みました。
なんで社労士でも委任状がいるのかよくわかりません。
でもでも、今回のことを考えると、本当に面倒で大変だったので
そういう意味でも社労士に頼もうって思う気持ちも、わからなくはないなと思いました。

人が一人亡くなった場合、
死亡届を出せば、窓口に一括で健康保険証等を返却するだけで手続きがすべて終わるとか
葬祭費も自動で申請できるとか、なぜできないのか不思議でなりません。

同じ区役所の中で、その都度何度も住所氏名を書き、窓口に並ぶなんておかしすぎる。
インターネットで情報が繋がっているのに、まったくもって意味がない。
無駄な時間だと思いました。

これから年金事務所に行くのだというと、区役所の方が早く書類が出るようにと手配してくださったり
5時頃ギリギリになってしまったのに、嫌な顔もしないで手続きしていただいた年金事務所の方々には感謝しています。
みなさん、ほんとうにお客さんのことを考えてお仕事されています。

感謝

母がもらえる一年間の年金額の一覧をいただき、なんとか急ぎの手続きを終えホッとしています。

次は相続が残っています。。。。面倒
こっちは税金の支払いが発生するのでまた大変
また、記録に残すためその時にはここで
昨日と今日、日本キャリア開発協会(JCDA)の面接試験です。
受けられた方、お疲れ様です。

友達も昨日受けてきました。
「だめだったよ~」って連絡でしたが、きっと受かっていると思います。
第一回も本当にあと数点足りなかっただけなので、今回はきっと受かっています。

私が受けたのはキャリアコンサルティング協議会っていう方の団体の試験でしたが
今回も学科試験は同じでしたが、論述試験は違う問題でした。

合格率も大きく違っていたので、今回はどうなるのかなって思っていましたが
実際のところは発表にならないとわからないのですが
JCDAさんはまたまた、指定の語句を使っての解答となっていました。
これって難しそうな気がするのですが・・・私だけかな

これから受けられる方は、合格率ではなく、
どちらの問題形式が自分に向いているのか考えて、受けた方が良いのかもしれませんね。

国家試験だけど、年に数回あるのでリベンジできるので良いですよね。
社労士試験は一年に一回
これって本当にモチベーションアップが難しいです。

それでも資格ゲットのために、頑張りましょうね。
私も頑張ります!
昨日は支部の忘年会でした。
我が支部は毎回、出席率が高いです。
そして本当に仲が良い。

先輩の先生方が温かい~~~
私たちって正直、商売敵になるのですが
親切にいろんなことを教えてくれますし、実務での困ったことにも対応してくれます。
支部研修会でも、自分らが困ったことや知っていることを、どんどん後輩たちに教えていきたいとおっしゃっていただいています。

行政とのかかわりはもちろん、全社連や府の社労士会へのかかわりももちろん
社労士としてどうあるかってお話も今回は聞くことが出来ました。
そのためにはもっともっと勉強していかないといけないってことも。。。。

ただ行政の言われるままではなく、法的根拠や条文をちゃんと読み込んで判断することも必要とのことでした。
10年後に無くなる資格はどれだろうってことにもなりましたが
社労士は絶対に無くならないというお話も

労務関係の相談は機械でマニュアル化出来ないし
対応していくにはそれなりの勉強も必要だが、頑張れば稼げる資格だとのことでした。

なるほどねぇ・・・。

社労士の仕事って誰でも出来るんじゃないのって言われたりするので
少々空しい気持ちを感じていたのですが、少し気持ちも明るくなりました。
合格率も低くなっているし、なんだか先細りなのかと・・・。
そうではないようです。

ただ現状に満足して、ただの手続き屋さんでいるなら問題かもしれないですが
そうでない、頼れる社労士になれれば前途は明るいのでしょうね。

でも、正直、労使間のもめ事って苦手です。
あちらを立てればこちらが立たず・・・なんとかして、紛争にならないようにと苦心するのです。
上手くいって当たり前ですしね。

どちらの言い分もわかる気がする・・・。
・・・なんてことは言えませんが。

頑張ろう

忘年会ってただのお食事会ではありません。
先輩方から吸収できることをいっぱい吸収し
仕事にも役立てたいと思いました。

とっても楽しかったです。
席も良かったし
扶養控除申告書と保険料控除申告書にあふれる日々となり
年末調整が忙しくなっています。

今年から士業の先生方への支払調書や、不動産の支払調書にもマイナンバーの記載が始まるのですが
やはり、知らせたくないって方、いらっしゃいます。
従業員さんへは去年からマイナンバーの記載が始まったのですが
今年の扶養控除申告書にも記入したくないとおっしゃる方もあり
なんだかなぁ・・・って思ってしまうわけです。

「法律で書かないといけないってなったら書く」とおっしゃる。
その気持ち、わからなくもないなと思ったり・・・。

おかしくないですか?
マイナンバーを始めるにあたって、知らせたくない人はそれでも良いって・・・。

やるなら義務にすべきだし、知らせない人には何かペナルティがあってもいいのではないかと
個人的に思います。
めんどくさいなぁって思いつつも、国の方針に従っている人が、バカをみないようにしてほしい。

そもそもなぜマイナンバーを始めようとしたのか。
その経緯を考えるなら、強制であるべきだし
任意でいいなら、うるさく言わないで個人の考えを優先させてほしい。

中途半端だなってことを思うので、ここでだけぼやかせていただきます

マイナンバーを表示することで源泉徴収票も倍のサイズになり、用紙も倍必要となるし、
市区町村へ総括表を送るのも、送料が多くかかる。
そんな小さなことも積み重ねれれば大きいと思うのです。

マイナンバーカードが出来ても、今はそれを活用するすべもなく
住基カードのように、うやむやにならないようにしてほしいと思うのです。
それを回避するなら、やはり義務にすべきなのでは?と思うのは
ちょっと過激でしょうか。



今日から12月
あっという間の一年でした。
いろいろあった一年でしたが、あとひと月を悔いのないように
過ごそうと思います。

皆様もお仕事に家事にとお忙しいと思いますが
インフルエンザにならないように、元気でこの12月をお過ごしください。

明日は社会保険調査と社労士会忘年会です
今日は私にとってのリベンジ【面接試験】
めっちゃ緊張しました。

前回の相談者役の人がいらして、また今日も当たったら嫌だなって思ってましたが
今日は男性でした。
試験室に案内されるときに「段差があるので気を付けてください」と言われたのに
躓いてしまって。。。その方の腕にしがみついてしまって
「すみません」というと
「大丈夫ですよ。これで緊張もほぐれたでしょう」と言ってもらいました・・・が・・・。

実際の面接試験はまたもやボロボロ。
設定を初めに教えてもらうのですが、その内容をもう一度聞いてしまったり
同じ事を何度も言ったようで、さっきも言いましたけどぉって感じの口ぶりになり

「あああああ今回もあかん」と試験中に思ってしまった
15分のロールプレイのあと、5分の口頭試問においても
今なら言える!答えられる!
って思うのですが、その時は頭が真っ白で、支離滅裂な状態に陥りました。

私、やっぱり、対面恐怖症だし、人前恐怖症でもあるし知らない人はダメなんですよね。
だからきっと何度やっても合格できない気がする。。。。

へとへと

朝は阪急電車に乗ろうと改札に行くと
なんとなんと!直前の人身事故で京都線が全線不通
試験に間に合わないかもしれない

焦りました。。。
慌ててバスに乗り、地下鉄で京都駅まで行き
急きょJRで向かうことに。

なんとかギリギリ間に合いましたが、ほんと焦りました。
朝から波乱万丈やん

そんなこんなで、すっかり疲れはてたのですが、
今日は一万人の第九コンサートの佐渡裕さんのレッスン日。
時間が重なったらキャンセルしようと思ったのですが、2時間ずれたので悩んだ末参加することに。
場所もすぐ近くだったのも大きかったようです。

IMG_3593_convert_20161127204506.jpg
天満橋のマクドナルドで昼食。
雨が降っていたけれど綺麗な景色だったのでパチリ

佐渡さんのレッスンは毎年思うけれど、本当に楽しいしヤル気が出ます。
会場を一つにします。
いつもガッツな佐渡さん。

少しでも近づいて、常に前向きなところを見習って
頑張っていこうと思えました。

なんでも諦めたら終わりだよねぇ。
ふう~

昨日今日と、キャリアコンサルタント試験の面接を受けられた方
お疲れ様でした。
来週の方、ぜひぜひ頑張ってくださいね。
今日、試験を受けられた方お疲れ様でした。
朝から最終講義を受けられた方は、もっとお疲れ様です。

どんどん試験も難しくなっているようで、今ならきっと受からないなってことを思います。

私が受けたころも、京都での特別研修が無くなるかもしれないと聞いていたので、早く受かりたいなってことは思っていました。
京都には滋賀と奈良からも来られていたのですが、今では京都が無くなり京都・奈良・滋賀は大阪での研修となります。

結構これがキツイです。
毎週の土日に大阪まで通う・・・体調管理の大切さがモノを言います。
ボールペンでの文字制限アリの筆記試験は、それはそれでしんどいですよね。

本当に本当にお疲れ様でした。

今日からはゆっくりしてくださいね。
枳殻邸またの名を渉成園と言います。
東本願寺のお庭ですが、少し離れたところにあります。

こちらの方がとても分かりやすく書かれています→ここ

場所は下京年金事務所のすぐ隣
っていうか、枳殻邸の一角に年金事務所があるって感じの位置関係。
今まで何度も下京年金事務所には行っていたのですが、こんなきれいなお庭があったとは・・・。

IMG_3575_convert_20161123212151.jpg

東本願寺と西本願寺には、一昨年のオフ会の時に関東の友達たちと廻ったのですが
ぜひ来年はこちらも案内したいと思いました。
待っててね~~~

この場所は所長に教えてもらいました。
京都に住んで早や〇十年・・・知らなかった
京都の人は知らない人が多いそうです。
とても人が少なくて良い感じでした。

まったり秋を満喫。
これで試験がなければ最高かなぁ・・・。
行ってきました・・・。

正直、"やる気なし子"ちゃんになっていて、
勉強もほとんどしてないし、ただ参加しただけの試験参加でした。

もう試験を受けるのはやめようって思ったことを、このまえの社労士会で会った友達に話してました。
彼女とは産業カウンセラー試験で一緒で、3月の滑り込み試験を受けた人です。
めでたく実技試験はその時にパスされていたので、あとは学科のみです。

「羨ましいな~っ」て言うと、彼女は彼女で「学科が受かっているのにやめるなんてもったいない」と言います。
お互い、ないものねだりなんですよねぇ・・・。

でもこの前の実技講座で、ほんとに向いてないって思ったのも事実。

で、もって、やる気が出ないまま当日を迎えたのですが
参加した実技講座のパンセの先生からのメッセージに
「キャリコンと産業カウンセラーの違いに戸惑う・・ キャリコンはとれなくてもいい・・ という逃げ道を後生大事に残すのはやめましょう。」とありました。
これは送られてきたのが今日だったので、試験会場で読みました。

ガッツーン
頭を思いっきり殴られた感じ・・・。

思えば、社労士の時もそんな感じでした。
いつも仕事が忙しいからとか、逃げ道を作ってました。
そんなことを言っている間は合格とは程遠く、
真剣に何が何でもと思った時に、扉が少しずつ開いたのでした。

忘れてましたね・・・。

取りあえず目の前の試験を頑張ってみようと思えました。
結果はわかりませんが・・・

私の部屋は、学科試験がない人の部屋だったのですが
その中で、iDE社労士塾の合格祝賀会で一緒だった方にお会いしました。
その方とは同じテーブルでしたし、その後も一度お顔を拝見したことがあります。
お互いなんとなく覚えてる~~~って感じで今日は少しお話しました。

あれから、キャリコン2級を頑張って受けているが、なかなかハードルは高いとのことでした。
それで一度標準レベルを受けようと思われたそうです。
今年は産業カウンセラー講座にも参加されていて1月の試験があるとのことと
来週は、キャリコンの実技面接試験と特定社労士試験が待っているとおっしゃっていました。

す、すごい

私はとても同時には勉強できないので、素晴らしい!と思います。
とてもとても頑張られています。
自分が恥ずかしいなぁって思いました。

やる気なし子ちゃん、返上しょうかなぁ。

こんなに頑張っている人が居るのに、ほんと恥ずかしいです。

今回の試験、とても自信はありません。
前回はたまたま出来ただけで、今回はわからない・・・。
でも精一杯、頑張りました。

今回の試験は逐語記録を読んでの解答でした。
毎回試験内容は変わるのでしょうか・・・。
まるで2級のような感じでした。

配点は50点
第一問と第二問は各10点ずつで、第三問は問題が二つあり合計30点です。
基準点割れは40点未満・・・ってことは8割取らないといけません。

またまた不安になります

なんだか今日は、っていうか今は開き直っています。
ダメだったらまた受ければいいかなって
うじうじ悩んでもダメなものはダメだし。
頑張っている同窓生が居たことでとても支えになりました。

そして、先週、先々週とパンセさんの実技講座でご一緒させていただいてた方ともお会いでき、緊張が解れました。
産業カウンセラー試験の時から一緒だった友達が、第一回で一発合格したので、今回の受験は独りでしたから。

中国地方のお友達はJCDAでしたがこれまた、難しかった~との連絡がありました。
二つの団体の試験がそれぞれの内容で、それぞれの合格率を出すのはとても不思議です。
試験も年4回もありますし、同じ国家試験とは思えない・・・。

気を取り直し、来週も頑張ります。
めっちゃプレッシャーですけどね・・・

試験を受けられた方、お疲れ様でした。
今週二つ目のお勉強です。

今日は支部だけの研修会でした。
内容は『有期雇用特措法について』と『改正育児・介護法について』の二つ。
お話は雇用均等室の方で、レジュメも充実していてとても良かったです。

今回、両立支援助成金を狙っているので、そのための改正部分を就業規則に盛り込まないといけません。
それで先月から就業規則とにらめっこしてました。
厚生労働省のモデルよりも、私は福井労働局の規程の方がいいと思いました。
改正点と削除するところなどがカラーで色分けしてあるので、とても分かりやすかったのです。
参加して良かったです。

今回大きく改正が入るので、要注意ですね。

助成金もキャリアアップ助成金にも慣れてきました。
なんでも”慣れ”なんでしょうけれど、そこへ行くまではなかなか・・・

手続き業務をすべて電子申請でおこなっているので、ほとんど行政機関には行くことがありません。
ですのでパンフレットもなかなか手に入らないのです。
今日はたっぷりのパンフレットをいただいて感無量!
また頑張らなきゃ~~~

まだまだ昼間は暖かいです。
寒暖の差があると紅葉が綺麗なようです。

一番綺麗な時に、試験があるのでとても残念。
といっても何を勉強するわけでもありません。
ただただ、落ち着かない・・・だけ

今年もあとひと月半。
頑張っていきましょう~~~~
今日は社労士会の年金研修でした。
〇〇年金企画さんのほからお越しいただきました。

でも、やっぱり難しい・・・
数年前も同じように講義をいただいたかと思うのですが
その時もよくわからなくて・・・。

とても専門的過ぎてついていけない・・。
社労士に必要なものって受験生ではないので、実際の実務に必要な内容だと思うのですが
そこのところがちょっと違う気がしました。

久々に大きな会場満席状態でした。
やはり年金にはみなさん興味がおありのようです。
法改正もありますしね。

ぼ~っとしていたらどんどんあとから追い抜かされます。
ってすでに追い抜かされてますが

知識の担保、頑張らないといけません。
明後日もまた研修があります。
今回は支部会なのでフレンドリ~~~

今日の夕方から寒くなりました。
木枯らしビュービュー
そろそろ秋本番ですね。

皆様もお風邪など召されませんように
今年も社労士手帳をいただきました。
IMG_3521_convert_20161113223342.jpg

ブログ友達からいただくのが恒例になっています。
社労士として仕事をする上で必要な内容が、資料として載っているのでとても助かっています。
それに、今年は何色かな~~~なんてことを思うのも楽しいです。

ほぼ日手帳も2017年用レフィルを購入しました。
IMG_3525_convert_20161113225051.jpg

スマホにしてから予定はスマホのスケジュールに入れているので
持ち歩くことが無くなり、あまり利用しなかったので購入するのを辞めようかと思ってました。
が、やはり見ると欲しいんですよね~~~

手帳のところにちょっとした書類を挟むことも出来るし
付箋を挟んでおくと便利なんです。

今回、これを見つけて即買いです。
IMG_3522_convert_20161113225010.jpg

厚紙で蛇腹になっています。
IMG_3524_convert_20161113225032.jpg

広島・鎌倉・大阪・名古屋・札幌・仙台・福岡・東京の路線図が載っています。
致命的に地理が出来ず、「萩ってどこ?」って私でしたので、これがあるととても便利です。

100名城に行くのも強い味方になりそうです

カバンの中が重い原因は、単行本や手帳なんだとわかっているけどやめられない・・・
来年は、ほぼ日手帳も頑張って使っていこうと思っています。